外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法施行規則

2021年3月24日改正分

 第1条の2第1項

(法第二条第十一号イに規定する法務省令で定める者)

追加


 第1条の2第1項第1号

(法第二条第十一号イに規定する法務省令で定める者)

追加


 第1条の2第1項第2号

(法第二条第十一号イに規定する法務省令で定める者)

追加


 第1条の2第2項

(法第二条第十一号イに規定する法務省令で定める者)

追加


 第1条の3第1項

(法第二条第十一号の二イに規定する法務省令で定める者)

追加


 第1条の3第1項第1号

(法第二条第十一号の二イに規定する法務省令で定める者)

追加


 第1条の3第1項第2号

(法第二条第十一号の二イに規定する法務省令で定める者)

追加


 第1条の3第2項

(法第二条第十一号の二イに規定する法務省令で定める者)

追加


 第6条第1項

承認を受けようとする者は、その申請に際し、法務大臣の指名する職員の面前で、第四条第一項第六号から第八号までに掲げる書面を朗読し、誓約の内容を確認しなければならない。

削除


追加


 第9条第1項

(承認を受けた者の届出義務等)

承認を受けた者は、次の各号のいずれかに該当する場合には、遅滞なく、書面により、法務大臣にその旨を届け出なければならない。

変更後


 第12条第1項

法第十六条第一項の規定による指定(以下「指定」という。)の申請は、指定を受けようとする者が自ら出頭してしなければならない。

削除


追加


 第15条第1項

(指定を受けた者の届出義務等)

法第十六条第一項第一号の規定による指定を受けた者は、当該指定に係る外国弁護士となる資格を失つた場合は、遅滞なく、書面により、法務大臣にその旨を届け出なければならない。

変更後


 第17条第1項

(訳文の添付)

法若しくはこの省令の規定により法務大臣に提出する書類又は行政手続法(平成五年法律第八十八号)若しくは法務省聴聞規則(平成六年法務省令第四十七号)の規定により聴聞の主宰者に提出する書類が外国語により作成されているときは、その書類に訳文を添付しなければならない。 訳文は、翻訳者がその氏名及び翻訳年月日並びに誠実に翻訳をしたことを誓約する旨を記載し、かつ、署名したものでなければならない。

変更後


 附則第1条第1項

追加


外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法施行規則目次