高等専門学校設置基準

2020年11月17日改正分

 第8条の2第1項

追加


 第18条第2項

(課程修了の認定)

前項の規定により卒業の要件として修得すべき単位数のうち、第十七条の二の授業の方法により修得する単位数は三十単位を超えないものとする。

変更後


 第19条第1項

(他の高等専門学校における授業科目の履修)

高等専門学校は、教育上有益と認めるときは、学生が高等専門学校の定めるところにより他の高等専門学校において履修した授業科目について修得した単位を、三十単位を超えない範囲で当該高等専門学校における授業科目の履修により修得したものとみなすことができる。

変更後


 第20条第2項

(高等専門学校以外の教育施設等における学修等)

前項により認定することができる単位数は、前条により当該高等専門学校において修得したものとみなす単位数と合わせて三十単位を超えないものとする。

変更後


 第20条第3項

(高等専門学校以外の教育施設等における学修等)

第一項の規定は、学生が、外国の大学又は高等学校に留学する場合及び外国の大学が行う通信教育における授業科目を我が国において履修する場合について準用する。 この場合において認定することができる単位数の合計数は三十単位を超えないものとする。

変更後


 第21条第1項

(科目等履修生等)

高等専門学校は、高等専門学校の定めるところにより、当該高等専門学校の学生以外の者で一又は複数の授業科目を履修する者(次項において「科目等履修生」という。)に対し、単位の修得を認定することができる。

変更後


 第21条第2項

(科目等履修生等)

高等専門学校は、科目等履修生その他の学生以外の者(次項において「科目等履修生等」という。)を相当数受け入れる場合においては、第六条及び第二十四条に規定する基準を考慮して、教育に支障のないよう、それぞれ相当の教員並びに校地及び校舎の面積を増加するものとする。

移動

第21条第3項

変更後


追加


 第21条第3項

(科目等履修生等)

高等専門学校は、科目等履修生等を受け入れる場合においては、これらの者の人数は、一の授業科目について同時に授業を行う学生数並びに授業の方法及び施設、設備その他の教育上の諸条件を考慮して、教育効果を十分にあげられるような適当な人数とするものとする。

移動

第21条第4項


 附則第1条第1項

この省令は、平成三十一年四月一日から施行する。

変更後


高等専門学校設置基準目次