特許登録令

2021年6月11日改正分

 第27条第1項

(申請書)

申請書には、次に掲げる事項を記載し、申請人が記名し、印を押さなければならない。

変更後


 第34条第1項

(<ruby>抹<rt>まつ</rt></ruby>消した登録の回復)

まつ 消した登録の回復を申請する場合において、登録上の利害関係を有する第三者があるときは、申請書にその者の承諾書又はその者に対抗することができる裁判の謄本若しくは抄本を添附しなければならない。

変更後


 第50条第1項

(放棄による登録の<ruby>抹<rt>まつ</rt></ruby>消)

特許権その他特許に関する権利の放棄による登録のまつ 消は、登録名義人だけで申請することができる。

変更後


 第51条第1項

(死亡による登録の<ruby>抹<rt>まつ</rt></ruby>消)

特許権以外の権利であつて登録してあるものが人の死亡により消滅した場合において、申請書に死亡を証明する戸籍の謄本若しくは抄本又はこれに準ずべき書面を添附したときは、登録権利者だけで登録のまつ 消を申請することができる。

変更後


 第53条第1項

(仮登録の<ruby>抹<rt>まつ</rt></ruby>消)

仮登録のまつ 消は、仮登録名義人だけで申請することができる。

変更後


 第53条第2項

(仮登録の<ruby>抹<rt>まつ</rt></ruby>消)

申請書に仮登録名義人の承諾書又はその者に対抗することができる裁判の謄本若しくは抄本を添附したときは、登録上の利害関係を有する者だけで仮登録のまつ 消を申請することができる。

変更後


 第55条第1項

(利害関係を有する第三者がある場合の登録の<ruby>抹<rt>まつ</rt></ruby>消)

登録のまつ 消を申請する場合において、登録上の利害関係を有する第三者があるときは、申請書にその者の承諾書又はその者に対抗することができる裁判の謄本若しくは抄本を添附しなければならない。

変更後


 附則第1条第1項

この政令は、民法の一部を改正する法律の施行の日(平成三十二年四月一日)から施行する。

変更後


特許登録令目次