公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律

2022年3月20日更新分

 附則第2条第1項

第一条の規定による改正後の公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律(以下この条において「新標準法」という。)第六条に規定する都道府県小中学校等教職員定数及び指定都市小中学校等教職員定数又は新標準法第十条に規定する都道府県特別支援学校教職員定数及び指定都市特別支援学校教職員定数の標準については、平成三十八年三月三十一日までの間は、これらの規定にかかわらず、公立の小学校、中学校及び義務教育学校並びに中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の児童又は生徒の数及び教職員の総数の推移等を考慮し、これらの規定に定めるところにより算定した標準となる数に漸次近づけることを旨として、毎年度、政令で定める。

削除


 附則第1条第1項

この法律は、平成三十二年四月一日から施行する。 ただし、次条及び附則第四条の規定は、公布の日から施行する。

削除


追加


 附則第2条第1項

(経過措置)

追加


 附則第2条第2項

(経過措置)

追加


 附則第2条第3項

(経過措置)

追加


 附則第3条第1項

(検討)

追加


公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律目次