国立公園集団施設地区等管理規則

2019年6月27日改正分

 第1条第1項

(目的)

この規則は、国立公園集団施設地区等の管理及び利用の方法を定め、もつてその管理運営の適正を図ることを目的とする。

変更後


 第1条第2項

(目的)

前項の国立公園集団施設地区等とは、環境省所管の公共用財産である土地であつて、自然公園法(昭和三十二年法律第百六十一号)第三十六条第一項の指定に係る部分その他国立公園内に存するもののうち、環境大臣の定めるものの区域をいう。

変更後


 第2条第1項

(管理員)

国立公園集団施設地区等(以下「地区」という。)に管理員を置く。

変更後


 第2条第2項

(管理員)

管理員は、環境大臣の監督を受け、地区の管理に関する業務を処理する。

変更後


 第3条第1項

(利用者の心構え)

地区を利用しようとする者は、この地区が国立公園における重要な公共的利用地であることを理解し、かつ、公園道徳を重んじ、常に管理員の指示に従つて行動しなければならない。

変更後


 第4条第1項

(利用の許可)

地区内において、左に掲げる行為をしようとする者は、別記様式による許可申請書を環境大臣に提出して、その許可を受けなければならない。

変更後


 第4条第1項第1号

(利用の許可)

土地又は水面を占用又は使用すること。

変更後


 第4条第1項第2号

(利用の許可)

環境大臣の指定する施設を使用すること。

変更後


 第4条第1項第3号

(利用の許可)

物の販売、業として行なう案内、写真の撮影若しくは物の貸付けその他の営業行為又は物の頒布若しくは興行その他これらに類する行為をすること。

変更後


 第4条第1項第4号

(利用の許可)

集会を催すこと。

変更後


 第4条第2項

(利用の許可)

前項の許可には、条件をつけることができる。

変更後


 第4条第3項

(利用の許可)

環境大臣は、第一項の申請者に対して許可を与えたときは、許可証を交付する。

変更後


 第4条第4項

(利用の許可)

前項の許可証の交付を受けた者は、管理員の要求があつたときは、これを提示しなければならない。

変更後


 第5条第1項

(利用許可の取消)

環境大臣は、左の各号の一に該当する事由があると認めるときは、その許可を取り消すことができる。

変更後


 第5条第1項第1号

(利用許可の取消)

前条第二項の規定による許可の条件に違反したとき。

変更後


 第5条第1項第2号

(利用許可の取消)

この規則の規定に違反したとき。

変更後


 第6条第1項

(利用の規制)

地区内においては、左に掲げる行為をしてはならない。

変更後


 第6条第1項第1号

(利用の規制)

工作物又は備品を汚損し、又は破壊すること。

変更後


 第6条第1項第2号

(利用の規制)

木竹を伐採し、又は植物を採取若しくは損傷すること。

変更後


 第6条第1項第3号

(利用の規制)

植さいその他土地の形質を変更すること。

変更後


 第6条第1項第4号

(利用の規制)

鳥獣類を捕獲し、又は殺傷すること。

変更後


 第6条第1項第5号

(利用の規制)

飲料水を汚染し、又は湖沼、渓流、みぞその他の水路の流通を妨げること。

変更後


 第6条第1項第6号

(利用の規制)

立入禁止区域内に立ち入ること。

変更後


 第6条第1項第7号

(利用の規制)

示威行進を行うこと。

変更後


 第6条第1項第8号

(利用の規制)

指定の場所以外の場所で野営をすること。

変更後


 第6条第1項第9号

(利用の規制)

指定の場所以外の場所でたき火又は炊 をすること。

変更後


 第6条第1項第10号

(利用の規制)

指定の場所以外の場所へ車馬を乗り入れ、又はつなぐこと。

変更後


 第6条第1項第11号

(利用の規制)

指定の場所以外の場所で遊泳すること。

変更後


 第6条第1項第12号

(利用の規制)

指定の場所以外の場所にごみその他の汚物又は廃物を捨てること。

変更後


 第6条第1項第13号

(利用の規制)

便所以外の場所で大小便をし、又はさせること。

変更後


 第6条第1項第14号

(利用の規制)

他人に対し著しく粗野その他の行為で迷惑をかけ、又は著しく静穏を害し、若しくは 騒にわたること。

変更後


 第6条第1項第15号

(利用の規制)

その他公共の保安、衛生、風紀上障害となる行為をすること。

変更後


 第7条第1項

(原状回復、地区外への退去等)

環境大臣は、左の各号の一に該当する者に対して、原状回復若しくは地区外への退去を命じ、又は必要な措置をとることができる。

変更後


 第7条第1項第1号

(原状回復、地区外への退去等)

第四条第一項の規定による許可を受けないで、同項各号の一に該当する行為をした者

変更後


 第7条第1項第2号

(原状回復、地区外への退去等)

第四条第二項の規定による許可の条件に違反した者

変更後


 第7条第1項第3号

(原状回復、地区外への退去等)

第四条第四項の規定による許可証の提示を拒んだ者

変更後


 第7条第1項第4号

(原状回復、地区外への退去等)

前条各号に掲げる行為をした者

変更後


 第7条第1項第5号

(原状回復、地区外への退去等)

でい酔者、伝染性疾患者等公衆に著しく不快の感をおこさせ若しくは公衆衛生上害を及ぼし、又はその虞のある者

変更後


 第7条第1項第6号

(原状回復、地区外への退去等)

正当な理由なくして管理員の指示に従わなかつた者

変更後


 第8条第1項

(占用料又は使用料)

環境大臣は、第四条第一項の規定により許可を受けた者から、占用料又は使用料を徴収することができる。

変更後


 第9条第1項

(損害賠償)

環境大臣は、地区内における自然物、工作物、備品等に損害を加えた者に対して、それによつて生じた損害を賠償させることができる。

変更後


 第10条第1項

(権限の委任)

この省令に規定する環境大臣の権限のうち、次に掲げるものは、地方環境事務所長に委任する。 ただし、第一号、第三号及び第四号に掲げる権限については、環境大臣が自ら行うことを妨げない。

変更後


 第10条第1項第1号

(権限の委任)

第二条第二項に規定する権限

変更後


 第10条第1項第2号

(権限の委任)

第四条第一項及び同項第二号、第二項並びに第三項に規定する権限

変更後


 第10条第1項第3号

(権限の委任)

第五条に規定する権限

変更後


 第10条第1項第4号

(権限の委任)

第七条に規定する権限

変更後


 附則第1条第2項

この府令の施行の日の前日において従前の環境庁の臨時水俣病認定審査会の委員である者の任期は、第一条の規定による廃止前の臨時水俣病認定審査会の組織等に関する総理府令第二条の規定にかかわらず、その日に満了する。

削除


 附則第1条第1項

この省令は、公布の日から施行する。

変更後


 附則第1条第2項

追加


 附則第1条第3項

追加


国立公園集団施設地区等管理規則目次