宅地建物取引業法

2019年6月14日改正分

 第35条第1項第13号

(重要事項の説明等)

当該宅地又は建物の

変更後


 第37条第1項第11号

(書面の交付)

当該宅地若しくは建物の

変更後


 第39条第1項

(手付の額の制限等)

宅地建物取引業者は、みずから売主となる宅地又は建物の売買契約の締結に際して、代金の額の十分の二をこえる額の手附を受領することができない。

変更後


 第39条第2項

(手付の額の制限等)

宅地建物取引業者が、みずから売主となる宅地又は建物の売買契約の締結に際して手附を受領したときは、その手附がいかなる性質のものであつても、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手附を放棄して、当該宅地建物取引業者はその倍額を償還して、契約の解除をすることができる。

変更後


 第40条第1項

(担保責任についての特約の制限)

宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地又は建物の売買契約において、その目的物の

変更後


 附則第1条第1項

追加


宅地建物取引業法目次