船舶運航事業者等の提出する定期報告書に関する省令

2021年8月20日改正分

 第1条第1項

(この省令の趣旨)

海上運送法(昭和二十四年法律第百八十七号。以下「法」という。)第二十四条(第三十三条及び第四十四条において準用する場合を含む。)の規定により国土交通大臣又は国土交通大臣の職権を行う地方運輸局長(運輸監理部長を含む。以下同じ。)が求める報告については、海上運送法施行規則(昭和二十四年運輸省令第四十九号。以下「規則」という。)及び外国為替の取引等の報告に関する省令(平成十年大蔵省令第二十九号)に定めるもののほか、この省令の定めるところによる。

変更後


 第2条第1項

(定義)

この省令において「船舶運航事業」、「旅客定期航路事業」、「貨物定期航路事業」、「一般旅客定期航路事業」、「特定旅客定期航路事業」、「不定期航路事業」、「対外旅客定期航路事業」又は「旅客不定期航路事業」とは、それぞれ法第二条第二項若しくは第四項から第六項まで、第十九条の四第一項又は第二十一条第一項に規定する船舶運航事業、旅客定期航路事業、貨物定期航路事業、一般旅客定期航路事業、特定旅客定期航路事業、不定期航路事業、対外旅客定期航路事業又は旅客不定期航路事業をいう。

変更後


 第3条第1項

(運航実績等の報告)

船舶運航事業を営む者等は、次の表の区分により報告書を提出するものとする。

変更後


 附則第1条第1項


 附則第1条第2項

(船舶運航事業者等の提出する定期報告書に関する省令の一部改正に伴う経過措置)

追加


船舶運航事業者等の提出する定期報告書に関する省令目次