獣医師法施行規則

2019年12月16日改正分

 第1条第1項

(免許の申請)

獣医師法(以下「法」という。)第三条の規定により、獣医師の免許を受けようとする者は、申請書(第一号様式)に次に掲げる書類を添え、登録免許税及び手数料の額に相当する金額の収入印紙を貼り付けて農林水産大臣に提出しなければならない。 ただし、行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律(平成十四年法律第百五十一号。第十条において「情報通信技術利用法」という。)第三条第一項の規定により同項に規定する電子情報処理組織を使用して申請書を提出するときは、当該申請書の提出により得られた納付情報により、現金をもつて手数料を納めるものとする。

変更後


 第1条第1項第4号

成年被後見人又は被保佐人に該当することの有無に関し、後見登記等に関する法律(平成十一年法律第百五十二号)第十条第一項第一号の規定により登記官が交付する登記事項証明書

削除


 第4条の2第1項

(精神障害の届出)

追加


 第10条第1項

法第十五条の手数料は、受験願書にその額に相当する金額の収入印紙をはり付けて納めなければならない。 ただし、情報通信技術利用法第三条第一項の規定により同項に規定する電子情報処理組織を使用して受験願書を提出するときは、当該受験願書の提出により得られた納付情報により、現金をもつて納めるものとする。

削除


追加


 附則第2条第1項

(経過措置)

追加


 附則第2条第2項

(経過措置)

追加


 附則第1条第1項

追加


獣医師法施行規則目次