動物用医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令

2021年7月30日改正分

 第1条第1項

(趣旨)

この省令は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下「法」という。)第八十三条第一項の規定により読み替えて適用される第十四条第三項(同条第九項及び法第十九条の二第五項において準用する場合を含む。以下同じ。)並びに第十四条の四第四項及び第十四条の六第四項(これらの規定を法第十九条の四において準用する場合を含む。以下同じ。)の農林水産省令で定める基準のうち動物用医薬品(専ら動物のために使用されることが目的とされている医薬品をいう。以下同じ。)の臨床試験の実施に係るもの並びに法第八十三条第一項の規定により読み替えて適用される第八十条の二第一項、第四項及び第五項に規定する農林水産省令で定める基準を定めるものとする。

変更後


 第2条第1項

(定義)

この省令において「製造販売後臨床試験」とは、動物用医薬品の製造販売後の調査及び試験の実施の基準に関する省令(平成十七年農林水産省令第三十三号)第二条第三項に規定する製造販売後臨床試験をいう。

変更後


 第2条第2項

(定義)

この省令において「実施機関」とは、依頼を受けて治験又は製造販売後臨床試験を行う機関をいう。

変更後


 第2条第3項

(定義)

この省令において「治験実施責任者」とは、実施機関において治験に係る業務を統括する者をいう。

変更後


 第2条第4項

(定義)

この省令において「製造販売後臨床試験実施責任者」とは、実施機関において製造販売後臨床試験に係る業務を統括する者をいう。

変更後


 第2条第5項

(定義)

この省令において「被験薬」とは、治験の対象とされる薬物又は製造販売後臨床試験の対象とされる動物用医薬品をいう。

変更後


 第2条第6項

(定義)

この省令において「対照薬」とは、治験又は製造販売後臨床試験において被験薬と比較する目的で用いられる医薬品又は薬物その他の物質をいう。

変更後


 第2条第7項

(定義)

この省令において「治験薬」とは、被験薬及び対照薬(治験に係るものに限る。)をいう。

変更後


 第2条第8項

(定義)

この省令において「製造販売後臨床試験薬」とは、被験薬及び対照薬(製造販売後臨床試験に係るものに限る。)をいう。

変更後


 第2条第9項

(定義)

この省令において「被験動物」とは、治験薬若しくは製造販売後臨床試験薬を投与される動物又は当該動物の対照とされる動物をいう。

移動

第2条第13項

変更後


追加


 第2条第10項

(定義)

この省令において「原資料」とは、被験動物に対する治験薬又は製造販売後臨床試験薬の投与及び診療により得られたデータその他の記録をいう。

移動

第2条第14項

変更後


追加


 第2条第11項

(定義)

この省令において「治験担当者」とは、治験実施責任者又は自ら治験を実施する者の指導の下に治験に係る業務を分担する者をいう。

移動

第2条第15項

変更後


追加


 第2条第12項

(定義)

この省令において「製造販売後臨床試験担当者」とは、実施機関において、製造販売後臨床試験実施責任者の指導の下に製造販売後臨床試験に係る業務を分担する者をいう。

移動

第2条第16項

変更後


追加


 第2条第13項

(定義)

この省令において「症例報告書」とは、原資料のデータ及びそれに対する治験実施責任者、自ら治験を実施する者若しくは治験担当者又は製造販売後臨床試験実施責任者若しくは製造販売後臨床試験担当者の評価を被験動物ごとに記載した文書をいう。

移動

第2条第17項

変更後


 第2条第14項

(定義)

この省令において「モニタリング」とは、治験又は製造販売後臨床試験が適正に行われることを確保するため、治験又は製造販売後臨床試験の進捗状況並びに治験又は製造販売後臨床試験がこの省令及び治験の計画書(以下「治験実施計画書」という。)又は製造販売後臨床試験の計画書(以下「製造販売後臨床試験実施計画書」という。)に従って行われているかどうかについて、治験の依頼をした者(以下「治験依頼者」という。)若しくは製造販売後臨床試験の依頼をした者(以下「製造販売後臨床試験依頼者」という。)が実施機関に対して行う調査又は自ら治験を実施する者が特定の者を指定して行わせる調査をいう。

移動

第2条第18項

変更後


 第2条第15項

(定義)

この省令において「監査」とは、治験又は製造販売後臨床試験により収集された資料の信頼性を確保するため、治験又は製造販売後臨床試験がこの省令及び治験実施計画書又は製造販売後臨床試験実施計画書に従って行われたかどうかについて治験依頼者若しくは製造販売後臨床試験依頼者が行う調査又は自ら治験を実施する者が特定の者を指定して行わせる調査をいう。

移動

第2条第19項

変更後


 第2条第16項

(定義)

この省令において「有害事象」とは、治験薬又は製造販売後臨床試験薬を投与された被験動物に生じたすべての疾病又はその徴候をいう。

移動

第2条第20項

変更後


 第2条第17項

(定義)

この省令において「自ら治験を実施しようとする者」とは、自ら治験を実施するために法第八十条の二第二項の規定に基づき自ら治験の計画を届け出ようとする者をいう。

移動

第2条第21項

変更後


 第2条第18項

(定義)

この省令において「自ら治験を実施する者」とは、自ら治験を実施するために法第八十条の二第二項の規定に基づき治験の計画を届け出た者をいう。

移動

第2条第22項

変更後


 第2条第19項

(定義)

この省令において「治験薬提供者」とは、自ら治験を実施する者に対して治験薬を提供する者をいう。

移動

第2条第23項

変更後


 第3条第1項

(承認審査資料の基準)

法第八十三条第一項の規定により読み替えて適用される第十四条又は第十九条の二の規定による承認を受けようとする者が行う動物用医薬品の臨床試験の実施に係る法第八十三条第一項の規定により読み替えて適用される第十四条第三項に規定する資料の収集及び作成については、次章から第四章までに定めるところによる。

変更後


 第3条第2項

(承認審査資料の基準)

自ら治験を実施する者が行う動物用医薬品の臨床試験の実施に係る法第八十三条第一項の規定により読み替えて適用される第十四条第三項に規定する資料の収集及び作成については、第五章に定めるところによる。

変更後


 第4条第1項

(業務手順書等)

治験の依頼をしようとする者は、治験実施計画書の作成、実施機関及び治験実施責任者の選定、治験薬の管理、副作用情報等の収集、記録の保存その他の治験の依頼及び管理に係る業務に関する手順書を作成しなければならない。

変更後


 第4条第2項

(業務手順書等)

治験の依頼をしようとする者は、獣医師、薬剤師その他の治験の依頼及び管理に係る業務を行うことにつき必要な専門的知識を有する者を確保しなければならない。

変更後


 第5条第1項

(被験薬に関する情報の確保)

治験の依頼をしようとする者は、被験薬の品質、有効性及び安全性に関する情報その他治験の依頼をするために必要な情報を有していなければならない。

変更後


 第6条第1項

(実施機関等の選定)

治験の依頼をしようとする者は、第二十七条に掲げる要件を満たしている実施機関を選定しなければならない。

変更後


 第6条第2項

(実施機関等の選定)

治験の依頼をしようとする者は、第三十三条に掲げる要件を満たしている治験実施責任者を選定しなければならない。

変更後


 第7条第1項

(治験実施計画書)

治験の依頼をしようとする者は、次に掲げる事項を記載した治験実施計画書を作成しなければならない。

変更後


 第7条第1項第1号

(治験実施計画書)

治験の依頼をしようとする者の氏名(法人にあっては、その名称。以下この号及び次号、第十六条第一項第二号並びに第四十一条第四号において同じ。)及び住所(法人にあっては、その主たる事務所の所在地。以下この号及び次号、第十五条、第十六条第一項第二号並びに第四十一条第四号において同じ。)(当該者が本邦内に住所を有しない場合にあっては、その氏名及び住所地の国名並びに第十五条に規定する治験国内管理人の氏名及び住所)

変更後


 第7条第1項第2号

(治験実施計画書)

治験に係る業務の一部を委託する場合にあっては、当該業務を受託した者(以下「受託者」という。)の氏名、住所及び当該委託した業務の範囲

変更後


 第7条第1項第3号

(治験実施計画書)

実施機関の名称及び所在地

変更後


 第7条第1項第4号

(治験実施計画書)

治験実施責任者となるべき者の氏名及び職名

変更後


 第7条第1項第5号

(治験実施計画書)

治験の目的

変更後


 第7条第1項第6号

(治験実施計画書)

被験薬の品質、有効性及び安全性に関する情報その他治験の依頼をするために必要な情報の概要

変更後


 第7条第1項第7号

(治験実施計画書)

治験の方法

変更後


 第7条第1項第8号

(治験実施計画書)

被験動物の選定に関する事項

変更後


 第7条第1項第9号

(治験実施計画書)

原資料の閲覧に関する事項

変更後


 第7条第1項第10号

(治験実施計画書)

記録(文書及びデータを含む。以下同じ。)の保存に関する事項

変更後


 第7条第1項第11号

(治験実施計画書)

第十八条第一項の規定により治験調整責任者に委嘱した場合にあっては、その氏名及び職名

変更後


 第7条第1項第12号

(治験実施計画書)

第十八条第一項の規定により治験調整委員会に委嘱した場合にあっては、これを構成する者の氏名及び職名

変更後


 第7条第2項

(治験実施計画書)

治験の依頼をしようとする者は、被験薬の品質、有効性及び安全性に関する事項その他治験を適正に行うために重要な情報を知ったときは、必要に応じ、当該治験実施計画書を変更しなければならない。

変更後


 第8条第1項

(実施機関の長への文書の事前提出)

治験の依頼をしようとする者は、あらかじめ、次に掲げる文書を実施機関の長に提出しなければならない。

変更後


 第8条第1項第1号

(実施機関の長への文書の事前提出)

治験実施計画書(前条第二項の規定により変更されたものを含む。)

変更後


 第8条第1項第2号

(実施機関の長への文書の事前提出)

治験実施責任者及び治験担当者(以下「治験実施責任者等」という。)となるべき者の氏名を記載した文書

変更後


 第8条第2項

(実施機関の長への文書の事前提出)

治験の依頼をしようとする者は、前項の規定による文書の提出に代えて、実施機関の長の承諾を得て、当該文書に記載すべき事項を情報通信の技術を利用する方法であって次に掲げるもの(以下「電磁的方法」という。)により提供することができる。 この場合において、当該治験の依頼をしようとする者は、当該文書の提出をしたものとみなす。

変更後


 第8条第2項第1号

(実施機関の長への文書の事前提出)

治験の依頼をしようとする者の使用に係る電子計算機と実施機関の長の使用に係る電子計算機とを電気通信回線で接続した電子情報処理組織を使用する方法のうちイ又はロに掲げるもの

変更後


 第8条第2項第1号ロ

(実施機関の長への文書の事前提出)

治験の依頼をしようとする者の使用に係る電子計算機に備えられたファイルに記録された前項各号に掲げる文書に記載すべき事項を電気通信回線を通じて実施機関の長の閲覧に供し、当該実施機関の長の使用に係る電子計算機に備えられたファイルに当該文書に記載すべき事項を記録する方法(電磁的方法による文書の提供を受ける旨の承諾又は受けない旨の申出をする場合にあっては、治験の依頼をしようとする者の使用に係る電子計算機に備えられたファイルにその旨を記録する方法)

変更後


 第8条第2項第1号イ

(実施機関の長への文書の事前提出)

治験の依頼をしようとする者の使用に係る電子計算機と実施機関の長の使用に係る電子計算機とを接続する電気通信回線を通じて送信し、受信者の使用に係る電子計算機に備えられたファイルに記録する方法

変更後


 第8条第2項第2号

(実施機関の長への文書の事前提出)

磁気ディスク、シー・ディー・ロムその他これらに準ずる方法により一定の事項を確実に記録しておくことができる物をもって調製するファイルに前項各号に掲げる文書に記載すべき事項を記録したものを交付する方法

変更後


 第8条第3項

(実施機関の長への文書の事前提出)

前項に掲げる方法は、次に掲げる技術的基準に適合するものでなければならない。

変更後


 第8条第3項第1号

(実施機関の長への文書の事前提出)

実施機関の長がファイルへの記録を出力することにより文書を作成することができるものであること。

変更後


 第8条第3項第2号

(実施機関の長への文書の事前提出)

ファイルに記録された第一項各号に掲げる文書に記載すべき事項について、改変が行われていないかどうかを確認することができる措置を講じていること。

変更後


 第8条第4項

(実施機関の長への文書の事前提出)

治験の依頼をしようとする者は、第二項の規定により第一項各号に掲げる文書に記載すべき事項を提供しようとするときは、あらかじめ、実施機関の長に対して、次に掲げる事項を示し、文書又は電磁的方法による承諾を得なければならない。

変更後


 第8条第4項第1号

(実施機関の長への文書の事前提出)

第二項各号に規定する方法のうち治験の依頼をしようとする者が使用するもの

変更後


 第8条第4項第2号

(実施機関の長への文書の事前提出)

ファイルへの記録の方法

変更後


 第8条第5項

(実施機関の長への文書の事前提出)

前項の規定による承諾を得た治験の依頼をしようとする者は、実施機関の長から文書又は電磁的方法により電磁的方法による提供を受けない旨の申出があったときは、当該実施機関の長に対し、第一項各号に掲げる文書に記載すべき事項の提供を電磁的方法によってしてはならない。 ただし、当該実施機関の長が再び前項の規定による承諾をした場合は、この限りでない。

変更後


 第9条第1項

(治験薬の事前交付の禁止)

治験の依頼をしようとする者は、治験の契約が締結される前に、実施機関に対して治験薬を交付してはならない。

変更後


 第10条第1項

(業務の委託)

治験の依頼をしようとする者は、治験の依頼及び管理に係る業務の一部を委託する場合には、当該委託した業務の範囲その他当該委託に係る業務について必要な事項を記載した委託契約書を受託者に交付しなければならない。

変更後


 第10条第2項

(業務の委託)

前項の規定による委託契約書の交付については、第八条第二項から第五項までの規定を準用する。

変更後


 第10条第3項

(業務の委託)

前項の場合において、次の表の上欄に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句に読み替えるものとする。

変更後


 第11条第1項

(治験の契約)

治験の依頼をしようとする者及び実施機関の長(前条の規定により業務の一部を委託する場合にあっては、治験の依頼をしようとする者、受託者及び実施機関の長)は、治験の契約を締結するときは、当該治験の実施について必要な事項を記載した文書を交付しなければならない。

変更後


 第11条第2項

(治験の契約)

前項の規定による文書の交付については、第八条第二項から第五項までの規定を準用する。

変更後


 第11条第3項

(治験の契約)

前項の場合において、次の表の上欄に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句に読み替えるものとする。

変更後


 第12条第1項

(被験動物の所有者の同意の要請)

治験の依頼をしようとする者(第十条の規定により業務の一部を委託する場合にあっては、治験の依頼をしようとする者又は受託者)は、実施機関の長に対し、治験の内容等を被験動物の所有者に説明し、その同意を得るよう要請しなければならない。

変更後


 第13条第1項

(被験動物の所有者に対する補償措置)

治験の依頼をしようとする者は、あらかじめ、治験薬により事故が発生した場合(受託者の業務により発生した場合を含む。)の補償のために、必要な措置を講じなければならない。

変更後


 第14条第1項

(生産物の安全性の確保のための措置)

治験の依頼をしようとする者は、治験薬が残留していることにより人の健康を損なうおそれのある動物の肉、乳その他の生産物が食用に供されることのないよう必要な措置を講じなければならない。

変更後


 第15条第1項

(治験国内管理人)

本邦内に住所を有しない治験の依頼をしようとする者は、治験薬の使用による保健衛生上の危害の発生又は拡大の防止に必要な措置を採らせるための者を、本邦内に住所を有する者(外国法人で本邦内に事務所を有するものの当該事務所の代表者を含む。)のうちから選任し、この者(以下「治験国内管理人」という。)に治験の依頼に係る手続を行わせなければならない。

変更後


 第16条第1項

(治験薬の管理)

治験依頼者は、治験薬又はその直接の容器若しくは直接の被包に次に掲げる事項を邦文で、かつ、明瞭に記載しなければならない。

変更後


 第16条第1項第1号

(治験薬の管理)

「治験用」の文字

変更後


 第16条第1項第2号

(治験薬の管理)

治験依頼者の氏名及び住所(当該者が本邦内に住所を有しない場合にあっては、その氏名及びその住所地の国名並びに治験国内管理人の氏名及び住所)

変更後


 第16条第1項第3号

(治験薬の管理)

化学名又は識別番号若しくは識別記号

変更後


 第16条第1項第4号

(治験薬の管理)

製造番号又は製造記号

変更後


 第16条第1項第5号

(治験薬の管理)

貯蔵方法、有効期間等を定める必要のあるものについては、その内容

変更後


 第16条第2項

(治験薬の管理)

治験依頼者は、被験薬、これに添付する文書又はその容器若しくは被包(内袋を含む。)に、次に掲げる事項を記載してはならない。

変更後


 第16条第2項第1号

(治験薬の管理)

予定される販売名

変更後


 第16条第2項第2号

(治験薬の管理)

予定される効能又は効果

変更後


 第16条第2項第3号

(治験薬の管理)

予定される用法又は用量

変更後


 第16条第3項

(治験薬の管理)

治験依頼者は、輸送及び保存中の汚染や劣化を防止するため治験薬を包装して実施機関に交付しなければならない。

変更後


 第16条第4項

(治験薬の管理)

治験依頼者は、治験薬に関する次に掲げる事項を記録しなければならない。

変更後


 第16条第4項第1号

(治験薬の管理)

製造及び試験に関する事項

変更後


 第16条第4項第2号

(治験薬の管理)

実施機関別の治験薬の交付又は回収の数量及びその年月日

変更後


 第16条第4項第3号

(治験薬の管理)

治験薬の処分の記録

変更後


 第16条第5項

(治験薬の管理)

治験依頼者は、治験の契約の締結後遅滞なく、実施機関における治験薬の管理に関する手順書を作成し、これを実施機関の長に交付しなければならない。

変更後


 第16条第6項

(治験薬の管理)

前項の規定による手順書の交付については、第八条第二項から第五項までの規定を準用する。

変更後


 第16条第7項

(治験薬の管理)

前項の場合において、次の表の上欄に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句に読み替えるものとする。

変更後


 第17条第1項

(治験薬の交付)

治験依頼者は、治験薬を医薬品の販売業者その他の第三者を介在させることなく、直接実施機関に交付しなければならない。 ただし、やむを得ない事由があるときは、この限りではない。

変更後


 第18条第1項

(多施設共同治験)

治験依頼者は、一の治験実施計画書に基づき複数の実施機関に対して治験の依頼をした場合には、当該実施機関における当該治験実施計画書の解釈その他の治験の細目について調整する業務を、治験を適正かつ円滑に行うために必要な知識及び経験を有する者(以下「治験調整責任者」という。)又は治験を適正かつ円滑に行うために必要な知識及び経験を有する複数の者で構成される委員会(以下「治験調整委員会」という。)に委嘱することができる。

変更後


 第18条第2項

(多施設共同治験)

前項の規定により治験調整責任者又は治験調整委員会に委嘱する場合には、その業務の範囲、手順その他必要な事項を記載した文書を作成しなければならない。

変更後


 第19条第1項

(副作用情報等)

治験依頼者は、被験薬の品質、有効性及び安全性に関する事項その他の治験を適正に行うために必要な情報を収集し、及び検討するとともに、治験実施責任者及び実施機関の長に対し、これを提供しなければならない。

変更後


 第19条第2項

(副作用情報等)

治験依頼者は、被験薬について法第八十条の二第六項に規定する事項を知ったときは、直ちにその旨を治験実施責任者及び実施機関の長に通知しなければならない。

変更後


 第19条第3項

(副作用情報等)

治験依頼者は、被験薬の品質、有効性及び安全性に関する事項その他の治験を適正に行うために重要な情報を知ったときは、必要に応じ、治験実施計画書を変更しなければならない。

変更後


 第20条第1項

(モニタリングの実施)

治験依頼者は、モニタリングに関する手順書を作成し、当該手順書に従ってモニタリングを実施しなければならない。

変更後


 第20条第2項

(モニタリングの実施)

前項の規定によりモニタリングを実施する場合には、実施機関を訪問して行わなければならない。 ただし、他の方法により十分にモニタリングを実施することができる場合には、この限りでない。

変更後


 第21条第1項

(モニターの責務)

モニタリングに従事する者(以下「モニター」という。)は、モニタリングの結果、実施機関における治験がこの省令又は治験実施計画書に従って行われていないことを確認した場合には、その旨を直ちに当該実施機関の治験実施責任者に告げなければならない。

変更後


 第21条第2項

(モニターの責務)

モニターは、モニタリングの実施の際、実施機関を訪問し、又はこれと連絡を取ったときは、その都度次に掲げる事項を記載したモニタリング報告書を治験依頼者に提出しなければならない。

変更後


 第21条第2項第1号

(モニターの責務)

モニタリングを行った日時

変更後


 第21条第2項第2号

(モニターの責務)

モニタリングの対象となった実施機関

変更後


 第21条第2項第3号

(モニターの責務)

モニターの氏名

変更後


 第21条第2項第4号

(モニターの責務)

モニタリングの際に説明等を聴取した治験実施責任者等の氏名

変更後


 第21条第2項第5号

(モニターの責務)

モニタリングの結果の概要

変更後


 第21条第2項第6号

(モニターの責務)

前項の規定により治験実施責任者に告げた事項

変更後


 第21条第2項第7号

(モニターの責務)

前号に規定する事項について講じられるべき措置及び当該措置に関するモニターの所見

変更後


 第22条第1項

(監査)

治験依頼者は、監査に関する計画書及び業務に関する手順書を作成し、当該計画書及び手順書に従って監査を実施しなければならない。

変更後


 第22条第2項

(監査)

監査に従事する者(以下「監査担当者」という。)は、当該監査に係る被験薬の開発に従事する者及びモニタリングに従事する者であってはならない。

変更後


 第22条第3項

(監査)

監査担当者は、監査を実施した場合には、監査で確認した事項を記録した監査報告書及び監査が実施されたことを証明する監査証明書を作成し、これを治験依頼者に提出しなければならない。

変更後


 第23条第1項

(治験の中止等)

治験依頼者は、実施機関がこの省令、治験実施計画書又は治験の契約に違反することにより適正な治験に支障を及ぼしたと認める場合(第三十五条に規定する場合を除く。)には、当該実施機関との治験の契約を解除し、当該実施機関における治験を中止しなければならない。

変更後


 第23条第2項

(治験の中止等)

治験依頼者は、治験を中断し、又は中止する場合には、速やかにその旨及びその理由を実施機関の長に文書により通知しなければならない。

変更後


 第23条第3項

(治験の中止等)

治験依頼者は、当該治験により収集された臨床試験の試験成績に関する資料を法第八十三条第一項の規定により読み替えて適用される第十四条第三項に規定する申請書に添付しないことを決定した場合には、その旨及びその理由を実施機関の長に文書により通知しなければならない。

変更後


 第23条第4項

(治験の中止等)

前二項の規定による文書による通知については、第八条第二項から第五項までの規定を準用する。

変更後


 第23条第5項

(治験の中止等)

前項の場合において、次の表の上欄に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句に読み替えるものとする。

変更後


 第24条第1項

(農林水産大臣の指示の遵守)

本邦内に住所を有しない治験依頼者は、農林水産大臣が、治験薬の使用による保健衛生上の危害の発生又は拡大を防止するために必要があると認めて、治験国内管理人に対し、治験の依頼の取消し又はその変更その他必要な指示を行ったときは、治験国内管理人を当該指示に従わせなければならない。

変更後


 第25条第1項

(総括報告書)

治験依頼者は、治験を終了し、又は中止したときは、その結果等を取りまとめた文書(以下「総括報告書」という。)を作成しなければならない。

変更後


 第26条第1項

(記録の保存等)

治験依頼者は、次に掲げる治験に関する記録を被験薬に係る動物用医薬品についての製造販売の承認を受ける日(第二十三条第三項の規定により通知したときは、通知した日後三年を経過した日)又は治験の中止若しくは終了の後三年を経過した日のうちいずれか遅い日までの期間適切に保存しなければならない。

変更後


 第26条第1項第1号

(記録の保存等)

治験実施計画書、契約書、総括報告書その他この省令の規定により治験依頼者が作成した文書又はその写し

変更後


 第26条第1項第2号

(記録の保存等)

症例報告書その他この省令の規定により実施機関の長又は治験実施責任者等から入手した記録

変更後


 第26条第1項第3号

(記録の保存等)

モニタリング、監査その他治験の依頼及び管理に係る業務の記録(前二号及び第五号に掲げるものを除く。)

変更後


 第26条第1項第4号

(記録の保存等)

治験を行うことにより得られたデータ

変更後


 第26条第1項第5号

(記録の保存等)

第十六条第四項に規定する記録

変更後


 第26条第2項

(記録の保存等)

本邦内に住所を有しない治験依頼者は、治験国内管理人に第十六条第四項に規定する記録を前項に定める期間適切に保存させなければならない。

変更後


 第27条第1項

(実施機関の要件)

実施機関は、十分な臨床観察又は試験検査を行うことができ、かつ、緊急時に必要な措置を採ることができる等治験を適切に実施しうるものでなければならない。

変更後


 第28条第1項

(実施機関の長)

実施機関の長は、治験に係る業務に関する手順書を作成しなければならない。

変更後


 第28条第2項

(実施機関の長)

実施機関の長は、当該実施機関における治験がこの省令、治験実施計画書、治験の契約書及び前項の手順書に従って適正かつ円滑に行われるよう必要な措置を講じなければならない。

変更後


 第29条第1項

(モニタリング等への協力)

実施機関の長は、治験依頼者によるモニタリング及び監査に協力しなければならない。

変更後


 第29条第2項

(モニタリング等への協力)

実施機関の長は、前項のモニタリング又は監査が実施される際には、モニター又は監査担当者の求めに応じ、第三十二条各号に掲げる治験に関する記録を閲覧に供しなければならない。

変更後


 第30条第1項

(治験薬の管理)

実施機関の長は、第十六条第五項の手順書を治験実施責任者に交付しなければならない。

変更後


 第30条第2項

(治験薬の管理)

前項の治験実施責任者は、第十六条第五項の手順書に従って治験薬を適切に管理しなければならない。

変更後


 第31条第1項

(治験の中止等)

実施機関の長は、第十九条第二項の規定により治験依頼者から通知を受けたときは、直ちにその旨を治験実施責任者に通知しなければならない。

変更後


 第31条第2項

(治験の中止等)

実施機関の長は、第二十三条第二項の規定により治験依頼者から治験を中断し、若しくは中止する旨の通知を受け、又は同条第三項の規定により治験依頼者から臨床試験の試験成績に関する資料を申請書に添付しないことを決定した旨の通知を受けたときは、速やかにその旨及びその理由を治験実施責任者に通知しなければならない。

変更後


 第31条第3項

(治験の中止等)

実施機関の長は、第三十八条第二項の規定により治験実施責任者から治験を中断し、又は中止した旨の報告を受けた場合は、速やかにその旨及びその理由を治験依頼者に文書により通知しなければならない。

変更後


 第31条第4項

(治験の中止等)

実施機関の長は、第三十八条第三項の規定により治験実施責任者から治験を終了した旨の報告を受けたときは、その旨及びその結果の概要を文書により治験依頼者に通知しなければならない。

変更後


 第31条第5項

(治験の中止等)

前二項の規定による文書による通知については、第八条第二項から第五項までの規定を準用する。

変更後


 第31条第6項

(治験の中止等)

前項の場合において、次の表の上欄に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句に読み替えるものとする。

変更後


 第32条第1項

(記録の保存)

実施機関の長は、次に掲げる治験に関する記録を被験薬に係る動物用医薬品についての製造販売の承認を受ける日(第二十三条第二項の規定により通知を受けたときは、通知を受けた日後三年を経過した日)又は治験の中止若しくは終了の後三年を経過した日のうちいずれか遅い日までの期間保存しなければならない。

変更後


 第32条第1項第1号

(記録の保存)

原資料

変更後


 第32条第1項第2号

(記録の保存)

契約書その他この省令の規定により実施機関に従事する者が作成した文書又はその写し

変更後


 第32条第1項第3号

(記録の保存)

治験実施計画書その他この省令の規定により入手した文書

変更後


 第32条第1項第4号

(記録の保存)

治験薬の管理その他の治験に係る業務の記録

変更後


 第33条第1項

(治験実施責任者の要件)

治験実施責任者は、治験を適正かつ円滑に行うために必要な知識及び経験を有する者でなければならない。

変更後


 第34条第1項

(治験担当者等)

治験実施責任者は、治験担当者が存する場合には、分担する業務の一覧表を作成しなければならない。

変更後


 第34条第2項

(治験担当者等)

治験実施責任者は、治験担当者に治験の内容について十分に説明するとともに、第十九条第一項の規定により提供された情報、同条第二項の規定により通知された事項その他分担させる業務を適正かつ円滑に行うために必要な情報を提供しなければならない。

変更後


 第35条第1項

(治験実施計画書からの逸脱)

治験実施責任者は、被験動物の緊急の危険を回避するためその他やむを得ない理由により治験実施計画書に従わなかった場合には、これをすべて記録し、その旨及びその理由を記載した文書を直ちに治験依頼者及び実施機関の長に提出しなければならない。

変更後


 第35条第2項

(治験実施計画書からの逸脱)

前項の規定による文書の提出については、第八条第二項から第五項までの規定を準用する。

変更後


 第35条第3項

(治験実施計画書からの逸脱)

前項の場合において、次の表の上欄に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句に読み替えるものとする。

変更後


 第36条第1項

(症例報告書)

治験実施責任者等は、治験実施計画書に従って正確に症例報告書を作成し、これに記名押印し、又は署名しなければならない。

変更後


 第36条第2項

(症例報告書)

治験実施責任者等は、症例報告書の記載を変更し、又は修正するときは、その日付を記載して、これに記名押印し、又は署名しなければならない。

変更後


 第36条第3項

(症例報告書)

治験実施責任者は、治験担当者が作成した症例報告書を点検し、内容を確認した上で、これに記名押印し、又は署名しなければならない。

変更後


 第37条第1項

(治験中の副作用等報告)

治験実施責任者は、治験の実施状況の概要を適宜実施機関の長に文書により報告しなければならない。

変更後


 第37条第2項

(治験中の副作用等報告)

治験実施責任者は、治験薬の副作用によると疑われる死亡その他の重篤な有害事象の発生を認めたときは、直ちに実施機関の長に報告するとともに、治験依頼者に通知しなければならない。 この場合において、治験依頼者又は実施機関の長から更に必要な情報の提供を求められたときは、当該治験実施責任者はこれに応じなければならない。

変更後


 第38条第1項

(治験の中止等)

治験実施責任者は、第三十一条第二項の通知により治験が中断され、又は中止されたときは、被験動物の所有者に速やかにその旨を通知するとともに、適切な治療その他必要な措置を講じなければならない。

変更後


 第38条第2項

(治験の中止等)

治験実施責任者は、自ら治験を中断し、又は中止したときは、実施機関の長に速やかにその旨及びその理由を報告しなければならない。

変更後


 第38条第3項

(治験の中止等)

治験実施責任者は、治験を終了したときは、実施機関の長にその旨及びその結果の概要を文書により報告しなければならない。

変更後


 第39条第1項

(被験動物の所有者の同意)

治験依頼者、実施機関の長又は治験実施責任者等は、自らが被験動物の所有者である場合を除き、治験の実施に際し、当該動物を治験の対象とすることについて、文書又は口頭により被験動物の所有者の同意を得なければならない。

変更後


 第40条第1項

(説明事項)

治験依頼者、実施機関の長又は治験実施責任者等は、前条の同意を得るに際し、次に掲げる事項について、被験動物の所有者に説明しなければならない。

変更後


 第40条第1項第1号

(説明事項)

当該治験が試験を目的とするものである旨

変更後


 第40条第1項第2号

(説明事項)

治験の目的

変更後


 第40条第1項第3号

(説明事項)

治験実施責任者の氏名、職名及び連絡先

変更後


 第40条第1項第4号

(説明事項)

治験の方法

変更後


 第40条第1項第5号

(説明事項)

予測される治験薬の効果及び予測される被験動物に対する不利益

変更後


 第40条第1項第6号

(説明事項)

他の治療方法に関する事項

変更後


 第40条第1項第7号

(説明事項)

治験に参加する期間

変更後


 第40条第1項第8号

(説明事項)

治験の参加を何時でも取りやめることができる旨

変更後


 第40条第1項第9号

(説明事項)

治験に参加しないこと、又は参加を取りやめることにより被験動物の所有者が不利益な取扱いを受けない旨

変更後


 第40条第1項第10号

(説明事項)

被験動物の所有者の秘密が保全されることを条件に、モニター及び監査担当者が原資料を閲覧できる旨

変更後


 第40条第1項第11号

(説明事項)

被験動物の所有者に係る秘密が保全される旨

変更後


 第40条第1項第12号

(説明事項)

治験により被害が発生した場合における実施機関の連絡先

変更後


 第40条第1項第13号

(説明事項)

治験により被害が発生した場合における被験動物の取扱い

変更後


 第40条第1項第14号

(説明事項)

治験により被害が発生した場合における補償に関する事項

変更後


 第40条第1項第15号

(説明事項)

その他必要な事項

変更後


 第41条第1項

(治験実施計画書)

自ら治験を実施しようとする者は、次に掲げる事項を記載した治験実施計画書を作成しなければならない。

変更後


 第41条第1項第1号

(治験実施計画書)

自ら治験を実施しようとする者の氏名及び職名並びに住所

変更後


 第41条第1項第2号

(治験実施計画書)

治験の目的

変更後


 第41条第1項第3号

(治験実施計画書)

被験薬の品質、有効性及び安全性に関する情報その他治験を実施するために必要な情報の概要

変更後


 第41条第1項第4号

(治験実施計画書)

治験薬提供者の氏名又は名称及び住所

変更後


 第41条第1項第5号

(治験実施計画書)

治験の方法

変更後


 第41条第1項第6号

(治験実施計画書)

被験動物の選定に関する事項

変更後


 第41条第1項第7号

(治験実施計画書)

原資料の閲覧に関する事項

変更後


 第41条第1項第8号

(治験実施計画書)

記録の保存に関する事項

変更後


 第42条第1項

(被験動物の所有者に対する補償措置)

自ら治験を実施しようとする者は、あらかじめ、治験薬により事故が発生した場合の補償のために、必要な措置を講じなければならない。

変更後


 第43条第1項

(生産物の安全性の確保)

自ら治験を実施しようとする者は、治験薬が残留していることにより人の健康を損なうおそれのある動物の肉、乳その他の生産物が食用に供されることのないよう必要な措置を講じなければならない。

変更後


 第44条第1項

(治験薬の管理)

自ら治験を実施する者は、治験薬又はその直接の容器若しくは直接の被包に次に掲げる事項を邦文で、かつ、明瞭に記載しなければならない。

変更後


 第44条第1項第1号

(治験薬の管理)

「治験用」の文字

変更後


 第44条第1項第2号

(治験薬の管理)

自ら治験を実施する者の氏名及び職名並びに住所

変更後


 第44条第1項第3号

(治験薬の管理)

化学名又は識別番号若しくは識別記号

変更後


 第44条第1項第4号

(治験薬の管理)

製造番号又は製造記号

変更後


 第44条第1項第5号

(治験薬の管理)

貯蔵方法、有効期間その他の事項を定める必要がある治験薬にあっては、当該事項

変更後


 第44条第2項

(治験薬の管理)

自ら治験を実施する者は、被験薬、これに添付する文書又はその容器若しくは被包(内袋を含む。)に、次に掲げる事項を記載してはならない。

変更後


 第44条第2項第1号

(治験薬の管理)

予定される販売名

変更後


 第44条第2項第2号

(治験薬の管理)

予定される効能又は効果

変更後


 第44条第2項第3号

(治験薬の管理)

予定される用法又は用量

変更後


 第44条第3項

(治験薬の管理)

自ら治験を実施する者は、輸送及び保存中の汚染や劣化を防止するために必要な措置を講じなければならない。

変更後


 第44条第4項

(治験薬の管理)

自ら治験を実施する者は、治験薬に関する次に掲げる事項を記録しなければならない。

変更後


 第44条第4項第1号

(治験薬の管理)

製造及び試験に関する事項

変更後


 第44条第4項第2号

(治験薬の管理)

購入し又は譲り受けた治験薬の数量及びその年月日

変更後


 第44条第4項第3号

(治験薬の管理)

治験薬の処分の記録

変更後


 第45条第1項

(副作用情報等)

自ら治験を実施する者は、被験薬の品質、有効性及び安全性に関する事項その他の治験を適正に行うために必要な情報を収集し、及び検討しなければならない。

変更後


 第45条第2項

(副作用情報等)

自ら治験を実施する者は、被験薬について法第八十条の二第六項に規定する事項を知ったときは、直ちにその旨を治験薬提供者に通知しなければならない。 この場合において、治験薬提供者から更に必要な情報の提供を求められたときは、当該自ら治験を実施する者はこれに応じなければならない。

変更後


 第45条第3項

(副作用情報等)

自ら治験を実施する者は、被験薬の品質、有効性及び安全性に関する事項その他の治験を適正に行うために重要な情報を知ったときは、必要に応じ、治験実施計画書を変更しなければならない。

変更後


 第46条第1項

(モニタリングの実施)

自ら治験を実施する者は、モニタリングに関する手順書を作成し、当該手順書に従って自ら治験を実施する者が指定した者にモニタリングを実施させなければならない。

変更後


 第46条第2項

(モニタリングの実施)

前項のモニタリングについては、第二十条第二項並びに第二十一条第一項並びに第二項第一号、第三号から第五号まで及び第七号の規定を準用する。

変更後


 第46条第3項

(モニタリングの実施)

前項の場合において、次の表の上欄に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句に読み替えるものとする。

変更後


 第47条第1項

(監査の実施)

自ら治験を実施する者は、監査に関する計画書及び業務に関する手順書を作成し、当該計画書及び手順書に従って自ら治験を実施する者が指定した者に監査を実施させなければならない。

変更後


 第47条第2項

(監査の実施)

前項の監査については、第二十二条第二項及び第三項の規定を準用する。 この場合において、同項中「治験依頼者」とあるのは、「自ら治験を実施する者」と読み替えるものとする。

変更後


 第48条第1項

(総括報告書)

自ら治験を実施する者は、治験を終了し、又は中止したときは、総括報告書を作成しなければならない。

変更後


 第49条第1項

(記録の保存等)

自ら治験を実施する者は、次に掲げる治験に関する記録を治験薬提供者が被験薬に係る動物用医薬品についての製造販売の承認を受ける日又は治験の中止若しくは終了後三年を経過した日のうちいずれか遅い日までの期間適切に保存しなければならない。

変更後


 第49条第1項第1号

(記録の保存等)

治験実施計画書、総括報告書その他この省令の規定により自ら治験を実施する者が作成した文書又はその写し

変更後


 第49条第1項第2号

(記録の保存等)

症例報告書その他この省令の規定により治験担当者から入手した記録

変更後


 第49条第1項第3号

(記録の保存等)

モニタリング、監査その他治験の実施及び管理に係る業務の記録(前二号及び第五号に掲げるものを除く。)

変更後


 第49条第1項第4号

(記録の保存等)

治験を行うことにより得られたデータ

変更後


 第49条第1項第5号

(記録の保存等)

第四十四条第四項に規定する記録

変更後


 第50条第1項

(自ら治験を実施する者の要件)

自ら治験を実施する者は、治験を適正かつ円滑に行うために必要な知識及び経験を有する者でなければならない。

変更後


 第51条第1項

(適正かつ円滑な治験の実施)

自ら治験を実施する者は、治験がこの省令及び治験実施計画書に従って適正かつ円滑に行われるよう必要な措置を講じなければならない。

変更後


 第52条第1項

(治験担当者への指示等)

自ら治験を実施する者は、治験担当者が存する場合には、分担する業務の一覧表を作成しなければならない。

変更後


 第52条第2項

(治験担当者への指示等)

自ら治験を実施する者は、治験担当者に治験の内容について十分に説明するとともに、第四十五条第一項の規定により収集した情報、同条第二項の規定により通知した事項その他分担させる業務を適正かつ円滑に行うために必要な情報を提供しなければならない。

変更後


 第53条第1項

(治験実施計画書からの逸脱)

自ら治験を実施する者は、被験動物の緊急の危険を回避するためその他やむを得ない理由により治験実施計画書に従わなかった場合には、これをすべて記録し、その旨及びその理由を記載した文書を作成しなければならない。

変更後


 第54条第1項

(症例報告書)

自ら治験を実施する者又は治験担当者は、治験実施計画書に従って正確に症例報告書を作成し、これに記名押印し、又は署名しなければならない。

変更後


 第54条第2項

(症例報告書)

自ら治験を実施する者又は治験担当者は、症例報告書の記載を変更し、又は修正するときは、その日付を記載して、これに記名押印し、又は署名しなければならない。

変更後


 第54条第3項

(症例報告書)

自ら治験を実施する者は、治験担当者が作成した症例報告書を点検し、内容を確認した上で、これに記名押印し、又は署名しなければならない。

変更後


 第55条第1項

(治験の中止等)

自ら治験を実施する者は、治験を中断し、若しくは中止したときは、被験動物の所有者に速やかにその旨を通知するとともに、適切な治療その他必要な措置を講じなければならない。

変更後


 第56条第1項

(被験動物の所有者の同意)

自ら治験を実施する者は、自らが被験動物の所有者である場合を除き、治験の実施に際し、当該動物を治験の対象とすることについて、文書又は口頭により被験動物の所有者の同意を得なければならない。

変更後


 第57条第1項

(説明事項)

自ら治験を実施する者は、前条の同意を得るに際し、次に掲げる事項について、被験動物の所有者に説明しなければならない。

変更後


 第57条第1項第1号

(説明事項)

当該治験が試験を目的とするものである旨

変更後


 第57条第1項第2号

(説明事項)

治験の目的

変更後


 第57条第1項第3号

(説明事項)

自ら治験を実施する者の氏名、職名及び連絡先

変更後


 第57条第1項第4号

(説明事項)

治験の方法

変更後


 第57条第1項第5号

(説明事項)

予測される治験薬の効果及び予測される被験動物に対する不利益

変更後


 第57条第1項第6号

(説明事項)

他の治療方法に関する事項

変更後


 第57条第1項第7号

(説明事項)

治験に参加する期間

変更後


 第57条第1項第8号

(説明事項)

治験の参加をいつでも取りやめることができる旨

変更後


 第57条第1項第9号

(説明事項)

治験に参加しないこと、又は参加を取りやめることにより被験動物の所有者が不利益な取扱いを受けない旨

変更後


 第57条第1項第10号

(説明事項)

被験動物の所有者の秘密が保全されることを条件に、第四十六条第一項及び第四十七条第一項に規定する自ら治験を実施する者が指定した者が原資料を閲覧できる旨

変更後


 第57条第1項第11号

(説明事項)

被験動物の所有者に係る秘密が保全される旨

変更後


 第57条第1項第12号

(説明事項)

治験により被害が発生した場合における被験動物の取扱い

変更後


 第57条第1項第13号

(説明事項)

治験により被害が発生した場合における補償に関する事項

変更後


 第57条第1項第14号

(説明事項)

その他必要な事項

変更後


 第58条第1項

(再審査等の資料の基準)

法第八十三条第一項の規定により読み替えて適用される第十四条又は第十九条の二の規定による承認を受けた者が行う医薬品の臨床試験の実施に係る法第八十三条第一項の規定により読み替えて適用される第十四条の四第四項及び第十四条の六第四項に規定する資料の収集及び作成については、第四条から第十六条まで、第十八条から第二十二条まで、第二十三条第一項及び第二項並びに第二十五条から前条までの規定を準用する。

変更後


 第58条第2項

(再審査等の資料の基準)

前項の場合において、次の表の上欄に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句に読み替えるものとする。

変更後


 第59条第1項

(法第八十条の二第一項の農林水産省令で定める基準)

法第八十条の二第一項に規定する治験の依頼については、第四条第一項、第五条、第七条第一項(第九号、第十一号及び第十二号を除く。)及び第二項、第九条、第十一条並びに第十三条から第十五条までの規定を準用する。 この場合において、第四条第一項中「治験薬の管理、副作用情報等の収集」とあるのは、「治験薬の管理」と読み替えるものとする。

変更後


 第60条第1項

(法第八十条の二第四項の農林水産省令で定める基準)

治験依頼者が治験を依頼する場合において、法第八十条の二第四項に規定する治験をすることについては、第二十七条から第四十条までの規定を準用する。

変更後


 第60条第2項

(法第八十条の二第四項の農林水産省令で定める基準)

自ら治験を実施しようとする者が治験を実施する場合において、法第八十条の二第四項に規定する治験をすることについては、第四十一条から第五十七条までの規定を準用する。

変更後


 第61条第1項

(法第八十条の二第五項の農林水産省令で定める基準)

法第八十条の二第五項に規定する治験の管理については、第十六条、第十七条、第二十条第一項、第二十四条並びに第二十六条第一項(第一号から第四号までを除く。)及び第二項の規定を準用する。

変更後


 附則第2条第1項

法第十四条第三項に規定する資料のうち、この省令の施行前に収集され、又は作成されたもの及びこの省令の施行の際現に収集され、又は作成されているものについては、第三条中「次条から第四十条まで」とあるのは「第六条第一項、第十一条、第十三条から第十五条まで、第十六条第一項、第二項及び第四項第一号、第十七条、第二十四条並びに第二十七条」とする。

削除


 附則第3条第1項

動物用医薬品の治験の実施の基準に関する省令(平成九年農林水産省令第二十二号)は、同日付けで廃止する。

削除


 附則第4条第1項

この省令の施行前にした行為に対する罰則の適用についてはなお従前の例による。

削除


 附則第1条第1項

この省令は、公布の日から施行する。

削除


追加


 附則第2条第1項

(動物用医薬品等取締規則の一部改正に伴う経過措置)

追加


 附則第2条第2項

(動物用医薬品等取締規則の一部改正に伴う経過措置)

追加


 附則第2条第3項

(動物用医薬品等取締規則の一部改正に伴う経過措置)

追加


 附則第3条第1項

(動物用医薬品製造所等構造設備規則の一部改正)

追加


 附則第4条第1項

(農林水産省の所管する法令に係る民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律施行規則の一部改正)

追加


動物用医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令目次