小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律施行規則

2021年5月7日改正分

 第1条第1項

(介護等の体験の期間)

小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律(以下「特例法」という。)第二条第一項の文部科学省令で定める期間は、七日間とする。

変更後


 第2条第1項

(介護等の体験を行う施設)

特例法第二条第一項の文部科学大臣が定める施設は、次のとおりとする。

変更後


 第2条第1項第1号

(介護等の体験を行う施設)

児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号)に規定する乳児院、母子生活支援施設、児童養護施設、障害児入所施設、児童発達支援センター、児童心理治療施設及び児童自立支援施設

移動

第2条第1項第2号

変更後


追加


 第2条第1項第2号

削除

削除


 第2条第1項第3号

削除

削除


追加


 第2条第1項第4号

(介護等の体験を行う施設)

生活保護法(昭和二十五年法律第百四十四号)に規定する救護施設、更生施設及び授産施設

変更後


 第2条第1項第6号

削除

削除


 第2条第1項第7号

(介護等の体験を行う施設)

老人福祉法(昭和三十八年法律第百三十三号)に規定する老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、養護老人ホーム及び特別養護老人ホーム

移動

第2条第1項第6号

変更後


追加


 第2条第1項第8号

介護保険法(平成九年法律第百二十三号)に規定する介護老人保健施設

削除


追加


 第2条第1項第9号の2

(介護等の体験を行う施設)

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成十七年法律第百二十三号)に規定する障害者支援施設及び地域活動支援センター

移動

第2条第1項第10号

変更後


 第2条第1項第10号

(介護等の体験を行う施設)

前各号に掲げる施設に準ずる施設として文部科学大臣が認める施設

移動

第2条第1項第13号


 第2条第1項第11号

(介護等の体験を行う施設)

追加


 第2条第1項第12号

(介護等の体験を行う施設)

追加


 第3条第1項

(介護等の体験を免除する者)

特例法第二条第三項に規定する介護等に関する専門的知識及び技術を有する者として文部科学省令で定めるものは次の各号の一に該当する者とする。

変更後


 第3条第1項第1号

(介護等の体験を免除する者)

保健師助産師看護師法(昭和二十三年法律第二百三号)第七条の規定により保健師の免許を受けている者

変更後


 第3条第1項第2号

(介護等の体験を免除する者)

保健師助産師看護師法第七条の規定により助産師の免許を受けている者

変更後


 第3条第1項第3号

(介護等の体験を免除する者)

保健師助産師看護師法第七条の規定により看護師の免許を受けている者

変更後


 第3条第1項第4号

(介護等の体験を免除する者)

保健師助産師看護師法第八条の規定により准看護師の免許を受けている者

変更後


 第3条第1項第5号

(介護等の体験を免除する者)

教育職員免許法(昭和二十四年法律第百四十七号)第五条第一項の規定により特別支援学校の教員の免許を受けている者

変更後


 第3条第1項第6号

(介護等の体験を免除する者)

理学療法士及び作業療法士法(昭和四十年法律第百三十七号)第三条の規定により理学療法士の免許を受けている者

変更後


 第3条第1項第7号

(介護等の体験を免除する者)

理学療法士及び作業療法士法第三条の規定により作業療法士の免許を受けている者

変更後


 第3条第1項第8号

(介護等の体験を免除する者)

社会福祉士及び介護福祉士法(昭和六十二年法律第三十号)第四条の規定により社会福祉士の資格を有する者

変更後


 第3条第1項第9号

(介護等の体験を免除する者)

社会福祉士及び介護福祉士法第三十九条の規定により介護福祉士の資格を有する者

変更後


 第3条第1項第10号

(介護等の体験を免除する者)

義肢装具士法(昭和六十二年法律第六十一号)第三条の規定により義肢装具士の免許を受けている者

変更後


 第3条第2項

(介護等の体験を免除する者)

特例法第二条第三項に規定する身体上の障害により介護等の体験を行うことが困難な者として文部科学省令で定めるものは、身体障害者福祉法第四条に規定する身体障害者のうち、同法第十五条第四項の規定により交付を受けた身体障害者手帳に、障害の程度が一級から六級である者として記載されている者とする。

変更後


 第4条第1項

(介護等の体験に関する証明書)

小学校又は中学校の教諭の普通免許状の授与を受けようとする者は、教育職員免許法第五条の二第一項に規定による免許状の授与の申出を行うに当たって、同項に規定する書類のほか、介護等の体験を行った学校又は施設の長が発行する介護等の体験に関する証明書を提出するものとする。

変更後


 第4条第2項

(介護等の体験に関する証明書)

学校又は施設の長は、小学校又は中学校の普通免許状の授与を受けようとする者から請求があったときは、その者の介護等の体験に関する証明書を発行しなければならない。

変更後


 第4条第3項

(介護等の体験に関する証明書)

証明書の様式は、別記様式のとおりとする。

変更後


 附則第1条第2項

この省令の施行の日から障害者自立支援法(平成十七年法律第百二十三号)附則第一条第三号に掲げる規定の施行の日の前日までの間は、改正後の第二条第九号の二中「及び地域活動支援センター」とあるのは、「、地域活動支援センター並びに同法附則第四十一条第一項、同法附則第四十八条又は同法附則第五十八条第一項の規定によりなお従前の例により運営をすることができることとされた同法附則第四十一条第一項に規定する身体障害者更生援護施設、同法附則第四十八条に規定する精神障害者社会復帰施設(同法附則第四十六条の規定による改正前の精神保健及び精神障害者の福祉に関する法律(昭和二十五年法律第百二十三号)に規定する精神障害者生活訓練施設、精神障害者授産施設及び精神障害者福祉工場に限る。)及び同法附則第五十八条第一項に規定する知的障害者援護施設(同法附則第五十二条の規定による改正前の知的障害者福祉法(昭和三十五年法律第三十七号)に規定する知的障害者更生施設及び知的障害者授産施設に限る。)」とする。

削除


 附則第4条第1項

(免許特例法施行規則の一部改正に伴う経過措置)

施行日前に旧盲学校等において小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律(平成九年法律第九十号)第二条第二項に規定する介護等の体験を行った者に対するこの省令第二十二条の規定による改正後の免許特例法施行規則第一条の適用については、同条に規定する期間には、当該者が旧盲学校等において行った介護等の体験の期間を通算するものとする。

変更後


 附則第4条第2項

(免許特例法施行規則の一部改正に伴う経過措置)

前項の場合において、旧盲学校等における介護等の体験に関するこの省令第二十二条の規定による改正後の免許特例法施行規則第四条に規定する証明書は、改正法附則第二条第一項の規定により当該旧盲学校等がなるものとされた特別支援学校の校長が発行するものとする。

変更後


 附則第1条第1項

この省令は、公布の日から施行し、第二条第一号の改正規定中「、知的障害児施設、知的障害児通園施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設」を「、障害児入所施設、児童発達支援センター」に改める部分は平成二十四年四月一日から、同条第九号の二の改正規定は平成二十五年四月一日から適用する。 ただし、第二条第一号の改正規定中「、情緒障害児短期治療施設」を「、児童心理治療施設」に改める部分は、平成二十九年四月一日から施行する。

削除


追加


 附則第1条第2項

(経過措置)

追加


 附則第1条第3項

(経過措置)

追加


小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律施行規則目次