指定漁船に乗り組む船員の有給休暇に関する省令

2020年11月30日改正分

 第1条第1項

(趣旨)

指定漁船に乗り組む船員(以下「船員」という。)の有給休暇に関しては、この省令の定めるところによる。

変更後


 第2条第1項

(定義)

この省令で「指定漁船」とは、次の各号に掲げる漁船をいう。

変更後


 第2条第1項第1号

漁業法(昭和二十四年法律第二百六十七号)第五十二条第一項の許可に係る沖合底びき網漁業、以西底びき網漁業、遠洋底びき網漁業、大中型まき網漁業、大型捕鯨業、母船式捕鯨業、遠洋かつお・まぐろ漁業、近海かつお・まぐろ漁業(総トン数十トン以上二十トン未満の動力漁船によるものを除く。)、中型さけ・ます流し網漁業、北太平洋さんま漁業又はいか釣り漁業(総トン数百三十九トン未満の動力漁船によるものを除く。)に従事する漁船

削除


追加


 第2条第1項第2号

(定義)

前号の漁業の漁獲物又はその製品を漁場から運搬する漁船

変更後


 第3条第1項

(有給休暇の付与)

船舶所有者は、船員が同一の事業に属する船舶において一年間連続して勤務(船舶のぎ装又は修繕中の勤務を含む。以下同じ。)に従事したときは、その一年の経過後一年以内にその船員に次条の規定による日数の有給休暇を与えなければならない。 ただし、船舶が航海の途中にあるとき、又は船舶の工事のため特に必要がある場合において地方運輸局長(運輸監理部長を含む。)の許可を受けたときは、当該航海又は工事に必要な期間(工事の場合にあっては、三箇月以内に限る。)、有給休暇を与えることを延期することができる。

変更後


 第3条第2項

(有給休暇の付与)

船員が船員法施行規則(昭和二十二年運輸省令第二十三号)第四十九条の二に規定する勤務に従事した期間並びに船員が職務上負傷し、又は疾病にかかり療養のため勤務に従事しない期間、育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(平成三年法律第七十六号)第二条第一号に規定する育児休業又は同条第二号に規定する介護休業をした期間及び女子の船員が船員法(昭和二十二年法律第百号)第八十七条第一項又は第二項の規定によって勤務に従事しない期間は、前項の一年間連続して勤務に従事した期間の計算については、同一の事業に属する船舶において勤務に従事した期間とみなす。

変更後


 第3条第3項

(有給休暇の付与)

船舶における勤務が中断した場合において、その中断の事由が船員の故意又は過失によるものでなく、かつ、その中断の期間の合計が六週間を超えないときは、その中断の期間は、船員が当該期間の前後の勤務と連続して勤務に従事した期間とみなす。

変更後


 第4条第1項

(有給休暇の日数)

有給休暇の日数は、連続した勤務一年について十五日とし、連続した勤務三箇月を増すごとに三日を加える。 ただし、前条第一項ただし書の規定により有給休暇の付与を延期したときは、その延期した期間一箇月を増すごとに一日を加える。

変更後


 第4条第2項

(有給休暇の日数)

船舶所有者が船員に週休日、祝日の休日、慣習による休日又はこれらに代わるべき休日を与えているときは、その休日の日数は、これを前項の有給休暇の日数に算入しないものとする。 負傷又は疾病により勤務に従事しない日数も同様とする。

変更後


 第5条第1項

(有給休暇の与え方)

有給休暇を与えるべき時期及び場所については、船舶所有者と船員との協議による。

変更後


 第5条第2項

(有給休暇の与え方)

有給休暇は、労働協約の定めるところにより、期間を分けて、これを与えることができる。

変更後


 第6条第1項

(有給休暇中の報酬)

船舶所有者は、有給休暇中船員に給料並びに船員法施行規則第四十九条の三に規定する手当及び食費を支払わなければならない。

変更後


 第6条第2項

(有給休暇中の報酬)

船舶所有者は、有給休暇を請求することができる船員が有給休暇を与えられる前に解雇され、又は退職したときは、その者に与えるべき有給休暇の日数に応じ前項の給料、手当及び食費を支払わなければならない。

変更後


 附則第1条第1項

この省令は、平成十四年七月一日から施行する。

変更後


 附則第2条第1項

(経過措置)

この省令の施行の際現にあるこの省令による改正前の様式又は書式による申請書、証明書その他の文書は、この省令による改正後のそれぞれの様式又は書式にかかわらず、当分の間、なおこれを使用することができる。

変更後


指定漁船に乗り組む船員の有給休暇に関する省令目次