大学の設置等の認可の申請及び届出に係る手続等に関する規則

2021年9月1日改正分

 第1条第1項

(定義)

この省令において「大学の設置等」とは、次に掲げるものをいう。

変更後


 第1条第1項第1号

(定義)

大学又は高等専門学校の設置

変更後


 第1条第1項第2号

(定義)

大学の学部、短期大学の学科又は私立の大学の学部の学科(以下「学部等」という。)の設置

変更後


 第1条第1項第3号

(定義)

大学の大学院の設置、大学の大学院の研究科若しくは研究科の専攻(以下「研究科等」という。)の設置又は大学の大学院の研究科の専攻に係る課程の変更

変更後


 第1条第1項第4号

(定義)

高等専門学校の学科の設置

移動

第1条第1項第5号

変更後


追加


 第1条第1項第5号

(大学の学部若しくは大学院の研究科又は短期大学の学科における通信教育の開設の認可の申請及び届出)

大学における通信教育の開設

移動

第6条第1項第5号

変更後


 第1条第1項第6号

(定義)

私立の大学又は高等専門学校の収容定員に係る学則の変更

移動

第1条第1項第7号

変更後


追加


 第1条第1項第7号

(定義)

大学若しくは高等専門学校又は大学の学部、大学の大学院若しくは大学院の研究科若しくは短期大学の学科(以下「大学等」という。)の設置者の変更

移動

第1条第1項第8号

変更後


 第1条第1項第8号

(定義)

大学等の廃止

移動

第1条第1項第9号

変更後


 第2条第1項

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

大学又は高等専門学校の設置の認可を受けようとする者は、認可申請書(別記様式第一号の一)に次に掲げる書類を添えて、当該大学又は高等専門学校を開設する年度(以下「開設年度」という。)の前々年度の十月一日から同月三十一日までの間に文部科学大臣に申請するものとする。

変更後


 第2条第1項第1号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

基本計画書(別記様式第二号)

変更後


 第2条第1項第2号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

校地校舎等の図面

変更後


 第2条第1項第3号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

学則

変更後


 第2条第1項第4号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

当該申請についての意思の決定を証する書類

変更後


 第2条第1項第5号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

大学又は高等専門学校の設置の趣旨及び学生の確保の見通し等を記載した書類

変更後


 第2条第1項第6号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

教員名簿(別記様式第三号)

変更後


 第2条第1項第7号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

教員個人調書(別記様式第四号)

変更後


 第2条第1項第8号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

教員就任承諾書(別記様式第五号)

変更後


 第2条第2項

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

前項の申請をした者のうち、医科大学(医学又は歯学に関する学部又は学部の学科を設置する大学をいう。以下この項において同じ。)を設置しようとする者は、同項の書類に加え、次に掲げる書類を、同項に規定する期間内に文部科学大臣に提出するものとする。

変更後


 第2条第2項第1号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

附属病院所在地域の概況説明書(別記様式第六号)

変更後


 第2条第2項第2号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

附属病院の医師、歯科医師、看護師等の配置計画書(別記様式第七号)

変更後


 第2条第2項第3号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

関連教育病院(医科大学と連携して学生の臨床教育等に当たる病院をいう。)の概要等を記載した書類(関連教育病院を利用する場合に限る。)

変更後


 第2条第3項

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

第一項の申請をした者のうち、薬学に関する学部又は学部の学科のうち臨床に係る実践的な能力を培うことを主たる目的とするもの(以下「臨床薬学に関する学部又は学部の学科」という。)を設置する大学を設置しようとする者は、同項の書類に加え、大学設置基準(昭和三十一年文部省令第二十八号)第三十九条の二に規定する薬学実務実習に必要な施設の概要等を記載した書類(以下「薬学実務実習施設概要書類」という。)を、同項に規定する期間内に文部科学大臣に提出するものとする。

変更後


 第2条第4項

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

第一項の申請をした者のうち、既設の大学、学部等、大学の大学院又は研究科等(以下この項において「既設大学等」という。)を廃止し、その職員組織等を基に大学を設置しようとする者は、同項の規定にかかわらず、当該大学に置く学部等又は研究科等のうち、教育研究上の目的、授与する学位の種類及び分野、教員組織の編制並びに教育課程の編成等が既設大学等と同等であると文部科学大臣が認めるものについては、教員個人調書(別記様式第四号)を提出することを要しない。

移動

第2条第5項

変更後


追加


 第2条第4項第1号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

追加


 第2条第4項第2号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

追加


 第2条第4項第3号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

追加


 第2条第4項第4号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

追加


 第2条第4項第5号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

追加


 第2条第4項第6号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

追加


 第2条第4項第7号

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

追加


 第2条第5項

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

第一項の申請をした者のうち、既設の高等専門学校又は高等専門学校の学科(以下この項において「既設高等専門学校等」という。)を廃止し、その職員組織等を基に高等専門学校を設置しようとする者は、同項の規定にかかわらず、当該高等専門学校に置く学科のうち、教育上の目的、学科の分野、教員組織の編制及び教育課程の編成等が既設高等専門学校等と同等であると文部科学大臣が認めるものについては、教員個人調書(別記様式第四号)を提出することを要しない。

移動

第2条第6項

変更後


 第2条第6項

(大学又は高等専門学校の設置の認可の申請)

第一項の申請をしようとする者のうち、あわせて通信教育の開設の認可を受けようとする者は、同項の書類に加え、第六条第一項第九号及び第十号に掲げる書類を、第一項に規定する期間内に文部科学大臣に申請するものとする。

移動

第2条第7項

変更後


 第3条第1項

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

学部等の設置の認可を受けようとする者は、認可申請書(別記様式第一号の一)に次に掲げる書類を添えて、当該学部等を開設する年度(以下「学部等開設年度」という。)の前々年度の三月一日から同月三十一日までの間に文部科学大臣に申請するものとする。

変更後


 第3条第1項第1号

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

基本計画書(別記様式第二号)

変更後


 第3条第1項第2号

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

校地校舎等の図面

変更後


 第3条第1項第3号

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

学則(変更事項を記載した書類及び新旧の比較対照表を含む。)

変更後


 第3条第1項第4号

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

当該申請についての意思の決定を証する書類

変更後


 第3条第1項第5号

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

学部等の設置の趣旨及び学生の確保の見通し等を記載した書類

変更後


 第3条第1項第6号

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

教員名簿(別記様式第三号)

変更後


 第3条第1項第7号

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

教員個人調書(別記様式第四号)

変更後


 第3条第1項第8号

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

教員就任承諾書(別記様式第五号)

変更後


 第3条第2項

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

前項の申請をしようとする者のうち、医学又は歯学に関する学部又は学部の学科を設置しようとする者は、同項の書類に加え、前条第二項に掲げる書類を、前項に規定する期間内に文部科学大臣に提出するものとする。 この場合において、前条第二項第三号中「医科大学」とあるのは「医学又は歯学に関する学部又は学部の学科」とする。

変更後


 第3条第3項

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

第一項の申請をしようとする者のうち、臨床薬学に関する学部又は学部の学科を設置しようとする者は、同項の書類に加え、薬学実務実習施設概要書類を、第一項に規定する期間内に文部科学大臣に提出するものとする。

変更後


 第3条第4項

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

第一項の申請をしようとする者のうち、大学設置基準第五十条第一項又は短期大学設置基準(昭和五十年文部省令第二十一号)第四十三条第一項に規定する国際連携学科を設置しようとする者は、第一項の規定にかかわらず、教員個人調書(別記様式第四号)及び教員就任承諾書(別記様式第五号)を提出することを要しないものとし、当該学科を開設する年度の前々年度の三月一日から同月三十一日まで又は当該学科を開設する年度の前年度の八月一日から同月三十一日まで若しくは三月一日から同月三十一日まで又は当該学科を開設する日の属する年度の八月一日から同月三十一日までの間に文部科学大臣に申請するものとする。

移動

第3条第5項

変更後


追加


 第3条第5項

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

第一項の申請をしようとする者のうち、既設の大学又は学部等(以下この項において「既設大学等」という。)を廃止し、その職員組織等を基に学部等を設置しようとする者は、同項の規定にかかわらず、当該学部等のうち、教育研究上の目的、授与する学位の種類及び分野、教員組織の編制並びに教育課程の編成等が既設大学等と同等であると文部科学大臣が認めるものについては、教員個人調書(別記様式第四号)を提出することを要しない。

移動

第3条第6項

変更後


 第3条第6項

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

第一項の申請をしようとする者のうち、大学の学部を設置しようとする者は、同項の規定にかかわらず、当該学部に設ける学科のうち、当該大学の授与する学位の種類及び分野の変更を伴わないものについては、教員個人調書(別記様式第四号)を提出することを要しない。

移動

第3条第7項

変更後


 第3条第7項

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

第一項の申請をしようとする者のうち、あわせて通信教育の開設の認可を受けようとする者は、同項の書類に加え、第六条第一項第九号及び第十号に掲げる書類を、第一項に規定する期間内に文部科学大臣に申請するものとする。

移動

第3条第8項

変更後


 第3条第8項

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

学部等の設置の届出を行おうとする者は、届出書(別記様式第一号の二)に第一項に掲げる書類(同項第七号及び第八号に掲げるものを除く。)を添えて、学部等開設年度の前年度の四月一日から十二月三十一日までの間に文部科学大臣に届け出るものとする。 この場合において、同項第四号中「申請」とあるのは「届出」とする。

移動

第3条第9項

変更後


 第3条第9項

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

前項の届出を行おうとする者のうち、臨床薬学に関する学部又は学部の学科を設置しようとする者は、同項の書類に加え、薬学実務実習施設概要書類を、前項に規定する期間内に文部科学大臣に提出するものとする。

移動

第3条第10項

変更後


 第3条第10項

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

第八項の届出を行おうとする者のうち、あわせて通信教育の開設の届出を行おうとする者は、同項の書類に加え、第六条第一項第九号及び第十号に掲げる書類を、第八項に規定する期間内に文部科学大臣に届け出るものとする。

移動

第3条第13項

変更後


 第3条第11項

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

追加


 第3条第12項

(学部等の設置の認可の申請及び届出)

追加


 第4条第1項

(大学の大学院の設置、研究科等の設置又は大学の大学院の研究科の専攻に係る課程の変更の認可の申請及び届出)

第三条第一項、第四項から第八項まで及び第十項の規定は、大学の大学院の設置、研究科等の設置又は大学の大学院の研究科の専攻に係る課程の変更の認可の申請及び届出について準用する。 この場合において、次の表の第一欄に掲げる規定中同表の第二欄に掲げる字句は、それぞれ同表の第三欄に掲げる字句に読み替えるものとする。

変更後


 第4条第2項

(大学の大学院の設置、研究科等の設置又は大学の大学院の研究科の専攻に係る課程の変更の認可の申請及び届出)

追加


 第4条の2第1項

(専門職大学の課程の設置及び変更の認可及び届出)

追加


 第4条の2第1項第1号

(専門職大学の課程の設置及び変更の認可及び届出)

追加


 第4条の2第1項第2号

(専門職大学の課程の設置及び変更の認可及び届出)

追加


 第4条の2第1項第3号

(専門職大学の課程の設置及び変更の認可及び届出)

追加


 第4条の2第1項第4号

(専門職大学の課程の設置及び変更の認可及び届出)

追加


 第4条の2第1項第5号

(専門職大学の課程の設置及び変更の認可及び届出)

追加


 第4条の2第2項

(専門職大学の課程の設置及び変更の認可及び届出)

追加


 第5条第1項

(高等専門学校の学科の設置の認可の申請及び届出)

第三条第一項、第五項及び第八項の規定は、高等専門学校の学科の設置の認可の申請及び届出について準用する。 この場合において、次の表の第一欄に掲げる規定中同表の第二欄に掲げる字句は、それぞれ同表の第三欄に掲げる字句に読み替えるものとする。

変更後


 第6条第1項

(大学の学部若しくは大学院の研究科又は短期大学の学科における通信教育の開設の認可の申請及び届出)

大学における通信教育の開設の認可を受けようとする者(第二条第六項及び第三条第七項に規定するものを除く。)は、認可申請書(別記様式第一号の一)に次に掲げる書類を添えて、当該通信教育を開設する年度(以下「通信教育開設年度」という。)の前々年度の三月一日から同月三十一日までの間に文部科学大臣に申請するものとする。

変更後


 第6条第1項第1号

(大学の学部若しくは大学院の研究科又は短期大学の学科における通信教育の開設の認可の申請及び届出)

基本計画書(別記様式第二号)

変更後


 第6条第1項第2号

(大学の学部若しくは大学院の研究科又は短期大学の学科における通信教育の開設の認可の申請及び届出)

校地校舎等の図面

変更後


 第6条第1項第3号

(大学の学部若しくは大学院の研究科又は短期大学の学科における通信教育の開設の認可の申請及び届出)

学則(変更事項を記載した書類及び新旧の比較対照表を含む。)

変更後


 第6条第1項第4号

(大学の学部若しくは大学院の研究科又は短期大学の学科における通信教育の開設の認可の申請及び届出)

当該申請についての意思の決定を証する書類

変更後


 第6条第1項第5号

(私立の大学の学部若しくは大学院の研究科若しくは短期大学の学科又は高等専門学校の収容定員に係る学則の変更の認可の申請及び届出)

大学における通信教育の開設の趣旨及び学生の確保の見通し等を記載した書類

移動

第7条第1項第5号

変更後


 第6条第1項第6号

(大学の学部若しくは大学院の研究科又は短期大学の学科における通信教育の開設の認可の申請及び届出)

教員名簿(別記様式第三号)

変更後


 第6条第1項第7号

(大学の学部若しくは大学院の研究科又は短期大学の学科における通信教育の開設の認可の申請及び届出)

教員個人調書(別記様式第四号)

変更後


 第6条第1項第8号

(大学の学部若しくは大学院の研究科又は短期大学の学科における通信教育の開設の認可の申請及び届出)

教員就任承諾書(別記様式第五号)

変更後


 第6条第1項第9号

(大学の学部若しくは大学院の研究科又は短期大学の学科における通信教育の開設の認可の申請及び届出)

通信教育実施方法説明書(別記様式第八号)

変更後


 第6条第1項第10号

(大学の学部若しくは大学院の研究科又は短期大学の学科における通信教育の開設の認可の申請及び届出)

通信教育に係る規程

変更後


 第6条第2項

(大学の学部若しくは大学院の研究科又は短期大学の学科における通信教育の開設の認可の申請及び届出)

大学における通信教育の開設の届出を行おうとする者は、届出書(別記様式第一号の二)に前項に掲げる書類(同項第七号及び第八号に掲げるものを除く。)を添えて、通信教育開設年度の前年度の四月一日から十二月三十一日までの間に文部科学大臣に届け出るものとする。 この場合において、同項第四号中「申請」とあるのは「届出」とする。

変更後


 第7条第1項

(私立の大学の学部若しくは大学院の研究科若しくは短期大学の学科又は高等専門学校の収容定員に係る学則の変更の認可の申請及び届出)

私立の大学又は高等専門学校の収容定員(通信教育に係るものを除く。)に係る学則の変更の認可を受けようとする者は、認可申請書(別記様式第一号の一)に次に掲げる書類を添えて、当該学則を変更する年度(以下「学則変更年度」という。)の前々年度の三月一日から同月三十一日まで又は前年度の六月一日から同月三十日までの間に文部科学大臣に申請するものとする。

変更後


 第7条第1項第1号

(私立の大学の学部若しくは大学院の研究科若しくは短期大学の学科又は高等専門学校の収容定員に係る学則の変更の認可の申請及び届出)

基本計画書(別記様式第二号)

変更後


 第7条第1項第2号

(私立の大学の学部若しくは大学院の研究科若しくは短期大学の学科又は高等専門学校の収容定員に係る学則の変更の認可の申請及び届出)

校地校舎等の図面

変更後


 第7条第1項第3号

(私立の大学の学部若しくは大学院の研究科若しくは短期大学の学科又は高等専門学校の収容定員に係る学則の変更の認可の申請及び届出)

学則(変更事項を記載した書類及び新旧の比較対照表を含む。)

変更後


 第7条第1項第4号

(私立の大学の学部若しくは大学院の研究科若しくは短期大学の学科又は高等専門学校の収容定員に係る学則の変更の認可の申請及び届出)

当該申請についての意思の決定を証する書類

変更後


 第7条第1項第5号

(大学等の設置者の変更の認可の申請)

学則の変更の趣旨及び学生の確保の見通し等を記載した書類

移動

第8条第1項第5号

変更後


 第7条第1項第6号

(私立の大学の学部若しくは大学院の研究科若しくは短期大学の学科又は高等専門学校の収容定員に係る学則の変更の認可の申請及び届出)

教員名簿(別記様式第三号)

変更後


 第7条第2項

(私立の大学の学部若しくは大学院の研究科若しくは短期大学の学科又は高等専門学校の収容定員に係る学則の変更の認可の申請及び届出)

私立の大学の通信教育に係る収容定員に係る学則の変更の認可を受けようとする者は、認可申請書(別記様式第一号の一)に前項並びに第六条第一項第九号及び第十号に掲げる書類を添えて、前項に規定する期間内に文部科学大臣に申請するものとする。

変更後


 第7条第3項

(私立の大学の学部若しくは大学院の研究科若しくは短期大学の学科又は高等専門学校の収容定員に係る学則の変更の認可の申請及び届出)

私立の大学又は高等専門学校の収容定員(通信教育に係るものを除く。)に係る学則の変更の届出を行おうとする者は、届出書(別記様式第一号の二)に第一項に掲げる書類を添えて、学則変更年度の前年度の四月一日から十二月三十一日までの間に文部科学大臣に届け出るものとする。 この場合において、同項第四号中「申請」とあるのは「届出」とする。

移動

第7条第4項

変更後


追加


 第7条第4項

(私立の大学の学部若しくは大学院の研究科若しくは短期大学の学科又は高等専門学校の収容定員に係る学則の変更の認可の申請及び届出)

私立の大学の通信教育に係る収容定員に係る学則の変更の届出を行おうとする者は、届出書(別記様式第一号の二)に第一項並びに第六条第一項第九号及び第十号に掲げる書類を添えて、前項に規定する期間内に文部科学大臣に届け出るものとする。 この場合において、第一項第四号中「申請」とあるのは「届出」とする。

移動

第7条第5項

変更後


 第7条第6項

(私立の大学の学部若しくは大学院の研究科若しくは短期大学の学科又は高等専門学校の収容定員に係る学則の変更の認可の申請及び届出)

追加


 第8条第1項

(大学等の設置者の変更の認可の申請)

大学等の設置者の変更の認可を受けようとする者は、認可申請書(別記様式第一号の一)に次に掲げる書類を添えて、文部科学大臣に申請するものとする。

変更後


 第8条第1項第1号

(大学等の設置者の変更の認可の申請)

基本計画書(別記様式第二号)

変更後


 第8条第1項第2号

(大学等の設置者の変更の認可の申請)

校地校舎等の図面

変更後


 第8条第1項第3号

(大学等の設置者の変更の認可の申請)

学則(変更事項を記載した書類及び新旧の比較対照表を含む。)

変更後


 第8条第1項第4号

(大学等の設置者の変更の認可の申請)

当該申請についての意思の決定を証する書類

変更後


 第8条第1項第5号

(大学等の廃止の認可の申請及び届出)

変更の事由及び時期を記載した書類

移動

第9条第1項第3号

変更後


 第8条第1項第6号

(大学等の設置者の変更の認可の申請)

教員名簿(別記様式第三号)

変更後


 第9条第1項

(大学等の廃止の認可の申請及び届出)

大学等の廃止の認可を受けようとする者は、認可申請書(別記様式第一号の一)に次に掲げる書類を添えて、文部科学大臣に申請するものとする。

変更後


 第9条第1項第1号

(大学等の廃止の認可の申請及び届出)

基本計画書(別記様式第二号)

変更後


 第9条第1項第2号

(大学等の廃止の認可の申請及び届出)

当該申請についての意思の決定を証する書類

変更後


 第9条第1項第3号

廃止の事由及び時期並びに学生の処置方法を記載した書類

削除


 第9条第2項

(大学等の廃止の認可の申請及び届出)

大学等の廃止の届出を行おうとする者は、届出書(別記様式第一号の二)及び学則(変更事項を記載した書類及び新旧の比較対照表を含む。)に前項に掲げる書類を添えて、文部科学大臣に届け出るものとする。 この場合において、同項第二号中「申請」とあるのは「届出」とする。

変更後


 第10条第1項

(認可の手続)

文部科学大臣は、第二条第一項及び第六項、第三条第一項(第四条及び第五条において準用する場合を含む。)及び第七項(第四条において準用する場合を含む。)、第六条第一項並びに第七条第一項及び第二項の申請があった場合には、開設年度、学部等開設年度、研究科等開設年度、学科開設年度、通信教育開設年度又は学則変更年度の前年度の三月三十一日までに当該申請に係る認可をするかどうかを決定し、当該申請をした者に対しその旨を速やかに通知するものとする。

変更後


 第10条第2項

(認可の手続)

第三条第四項(第四条において準用する場合を含む。)の申請があった場合には、当該申請のあった月の翌月から起算して六月以内に当該申請に係る認可をするかどうかを決定し、当該申請をした者に対しその旨を速やかに通知するものとする。

変更後


 第11条第1項

(法第四条第三項の命令の期限)

文部科学大臣は、法第四条第二項の届出(次条、第十三条及び第十四条において単に「届出」という。)をした者に対し、法第四条第三項の規定による命令を行う場合には、当該届出があった日から起算して六十日以内にこれを行わなければならない。 ただし、当該届出と関連を有する認可の申請が行われている場合においては、この限りでない。

変更後


 第12条第1項

(認可等の公表)

文部科学大臣は、法第四条第一項の認可(次条及び第十四条において単に「認可」という。)をした場合又は届出があった場合には、速やかに、その旨、名称、位置、当該認可の申請又は届出の際に提出された基本計画書(別記様式第二号)、校地校舎等の図面、学則、大学の設置等の趣旨及び学生の確保の見通し等(大学等の設置者の変更にあっては、変更の事由及び時期)を記載した書類及び教員名簿(別記様式第三号。年齢及び月額基本給を除く。)並びに次条に規定する事項その他必要な事項(大学等の廃止の認可をした場合又は届出があった場合にあっては、その旨、名称、位置及び次条に規定する事項その他必要な事項)をインターネットの利用その他適切な方法により公表するものとする。

変更後


 第13条第1項

(留意事項)

文部科学大臣は、認可を受けた者又は届出を行った者が当該認可又は届出に係る大学の設置等に関する計画(次条において「設置計画」という。)を履行するに当たって留意すべき事項(次条において「留意事項」という。)があると認めるときは、当該者に対し、当該事項の内容を通知するものとする。

変更後


 第14条第1項

(履行状況についての報告等)

文部科学大臣は、設置計画及び留意事項の履行の状況を確認するため必要があると認めるときは、認可を受けた者又は届出を行った者に対し、その設置計画及び留意事項の履行の状況について報告を求め、又は調査を行うことができる。

変更後


 第15条第1項

(提出部数)

この省令の規定による認可申請書(別記様式第一号の一)その他の書類(次項において「認可申請書等」という。)の提出部数は、別表のとおりとする。

変更後


 第15条第2項

(提出部数)

文部科学大臣は、必要があると認めるときは、認可申請書等以外の書類の提出を求め、又は認可申請書等の一部の提出を免除することができる。

変更後


 附則第1条第1項

削除


 附則第1条第2項

大学の設置等の認可の申請手続等に関する規則(平成三年文部省令第四十六号)は、廃止する。

削除


 附則第1条第3項

平成二十二年度以降に期間(平成三十六年度までの間の年度間に限る。)を付して私立の大学の収容定員(医学に関する学部の学科に係るものに限る。)を増加する学則の変更の認可(当該認可を受けるために必要な私立の大学の収容定員(歯学に関する学部の学科に係るものに限る。)を減少する学則の変更の認可を含む。)を受けようとする場合における第七条第一項の規定の適用については、同項中「当該学則を変更する年度(以下「学則変更年度」という。)の前々年度の三月一日から同月三十一日まで又は前年度の六月一日から同月三十日までの間」とあるのは、「文部科学大臣が定める期間内」とする。

削除


 附則第1条第4項

平成二十二年度以降に期間(平成三十六年度までの間の年度間に限る。)を付して私立の大学の収容定員(医学に関する学部の学科に係るものに限る。)を七百二十人を超えて増加する学則の変更の認可を受けようとする者は、第七条第一項各号に掲げる書類に加え、専任教員の氏名等を記載した書類(附則別記様式)を添えて文部科学大臣に申請するものとする。

変更後


 附則第1条第5項

平成三十年度に私立の大学の収容定員(東京都の特別区に所在する学部等に係るものに限る。)を増加する学則の変更の認可を受けようとする場合における第七条第一項の規定の適用については、同項中「前年度の六月一日から同月三十日までの間」とあるのは、「前年度の十月一日から同月三十日までの間」とする。

削除


 附則第2条第1項

(医学を履修する課程等に関する経過措置)

追加


 附則第1条第2項

(経過措置)

追加


 附則第1条第3項

(経過措置)

追加


 附則第1条第1項

追加


大学の設置等の認可の申請及び届出に係る手続等に関する規則目次