特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行規則

2021年7月30日改正分

 第9条第1項

(第五種共同漁業権に係る特例)

特定外来生物の指定の際現に当該特定外来生物が漁業法(昭和二十四年法律第二百六十七号)第六条第五項第五号に規定する第五種共同漁業を内容とする漁業権に係る水産動植物である場合は、当該漁業権の設定されている内水面(同法第八条第三項の内水面をいう。)を法第五条第三項第二号の主務省令で定める特定飼養等施設とする際の基準については、第五条の規定にかかわらず、特定外来生物の種類ごとに主務大臣が別に告示で定める。

変更後


 附則第1条第1項

追加


特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行規則目次