国土交通省関係流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律施行規則

2020年11月27日改正分

 第1条第1項

(道路管理者の意見の聴取)

国土交通大臣(流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律(以下「法」という。)第二十九条の規定により権限が地方支分部局の長に委任された場合にあっては、当該委任を受けた者。以下同じ。)は、法第四条第一項に規定する総合効率化計画の認定の申請があった場合には、法第四条第七項ただし書に該当する場合を除き、遅滞なく、期限を指定して、貨物軌道事業を実施する区域を管轄する道路管理者(以下「関係道路管理者」という。)の意見を徴しなければならない。

変更後


 第1条第2項

(道路管理者の意見の聴取)

関係道路管理者である地方公共団体の長は、前項の規定により意見を求められたときは、期限を指定して、当該地方公共団体の議会の意見を徴しなければならない。

変更後


 第2条第1項

(道路管理者の意見を聴く必要がない場合)

法第四条第七項ただし書の国土交通省令で定める場合は、法第四条第二項第二号に掲げる流通業務総合効率化事業の内容に貨物軌道事業が含まれない場合とする。

変更後


 第3条第1項

(総合効率化計画の変更の認定)

第一条及び前条の規定は、法第五条第一項に規定する総合効率化計画の変更に係る認定の申請があった場合について準用する。

変更後


 第4条第1項

(法第六条第一項の国土交通省令で定める埋立地)

法第六条第一項の国土交通省令で定める埋立地は、同項の指定の時において次のいずれかに該当する埋立地とする。

変更後


 第4条第1項第1号

(法第六条第一項の国土交通省令で定める埋立地)

公有水面埋立法(大正十年法律第五十七号)第二十二条第二項のしゆん 功認可の告示があった日から十年を経過した埋立地(港湾管理者又は港湾管理者の出資に係る法人が港湾の開発、利用及び保全に密接に関連する施設を整備するため所有する埋立地であって建築物その他の構築物(仮設のものを除く。)の用に供されていないものを除く。)

変更後


 第4条第1項第2号

(法第六条第一項の国土交通省令で定める埋立地)

住宅又は教育施設の用に供する埋立地その他の港湾の開発、利用及び保全に密接に関連する施設の整備を図る必要がない埋立地

変更後


 附則第2条第1項

(中小企業流通業務効率化促進法第十一条第七項の第一種貨物利用運送事業登録に係る手続的事項を定める省令の廃止)

中小企業流通業務効率化促進法第十一条第七項の第一種貨物利用運送事業登録に係る手続的事項を定める省令(平成四年運輸省令第二十九号)は、廃止する。

変更後


 附則第1条第1項

(施行期日)

この省令は、流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律の一部を改正する法律(平成二十八年法律第三十六号)の施行の日(平成二十八年十月一日)から施行する。

変更後


国土交通省関係流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律施行規則目次