専門職大学院設置基準

2019年10月31日改正分

 第14条第2項

(入学前の既修得単位の認定)

前項の規定により修得したものとみなすことのできる単位数は、編入学、転学等の場合を除き、当該専門職大学院において修得した単位以外のものについては、前条第一項(同条第二項において準用する場合を含む。)の規定により当該専門職大学院において修得したものとみなす単位数と合わせて当該専門職大学院が修了要件として定める三十単位以上の単位数の二分の一を超えないものとする。

変更後


 第20条第1項

(法科大学院の教育課程の編成方針)

法科大学院は、入学者の選抜に当たっては、入学者の適性を適確かつ客観的に評価するものとする。

移動

第20条の2第1項

変更後


追加


 第20条の2第2項

(法科大学院の教育課程の編成方針)

追加


 第20条の3第1項

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第1項第1号

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第1項第2号

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第1項第3号

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第1項第4号

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第2項

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第3項

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第4項

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第4項第1号

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第4項第2号

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第4項第3号

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第4項第4号

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第4項第5号

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第4項第6号

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第4項第7号

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第4項第8号

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の3第5項

(法科大学院の授業科目)

追加


 第20条の4第1項

(法科大学院の授業を行う学生数)

追加


 第20条の4第2項

(法科大学院の授業を行う学生数)

追加


 第20条の5第1項

(法科大学院の授業の方法等)

追加


 第20条の6第1項

(法科大学院における学修の成果に係る厳格かつ客観的な評価及び修了の認定)

追加


 第20条の7第1項

(法科大学院における情報の公表)

追加


 第20条の7第1項第1号

(法科大学院における情報の公表)

追加


 第20条の7第1項第2号

(法科大学院における情報の公表)

追加


 第20条の7第1項第3号

(法科大学院における情報の公表)

追加


 第20条の7第1項第4号

(法科大学院における情報の公表)

追加


 第20条の7第1項第5号

(法科大学院における情報の公表)

追加


 第22条第2項

(入学前の既修得単位の認定)

前項の規定により修得したものとみなすことのできる単位数は、編入学、転学等の場合を除き、当該法科大学院において修得した単位以外のものについては、第十四条第二項の規定にかかわらず、前条第一項(同条第二項において準用する場合を含む。)の規定により当該法科大学院において修得したものとみなす単位数と合わせて三十単位(同条第一項ただし書の規定により三十単位を超えてみなす単位を除く。)を超えないものとする。

変更後


 第34条第4項

(共同教育課程に係る修了要件)

前項の規定によりそれぞれの法科大学院又は教職大学院において当該共同教育課程に係る授業科目の履修により修得する単位数には、法科大学院にあつては第二十一条第一項(同条第二項において準用する場合を含む。)、第二十二条第一項若しくは第二十五条第一項の規定により、教職大学院にあつては第二十七条第一項(同条第二項において準用する場合を含む。)若しくは第二十八条第一項の規定により、それぞれ修得したものとみなすことができる単位又は前条の規定により修得したものとみなすものとする単位を含まないものとする。

変更後


 第37条第2項

(共同開設科目)

国際連携専攻を設ける専門職大学院が前項の授業科目(以下この項において「共同開設科目」という。)を開設した場合、当該専門職大学院の国際連携専攻の学生が当該共同開設科目の履修により修得した単位は、七単位を超えない範囲(教職大学院にあつては当該教職大学院が修了要件として定める四十五単位以上の単位数の四分の一を超えない範囲)で、当該専門職大学院又は連携外国専門職大学院のいずれかにおいて修得した単位とすることができる。 ただし、連携外国専門職大学院において修得した単位数が、第三十九条第一項の規定により連携外国専門職大学院において修得することとされている単位数に満たない場合は、共同開設科目の履修により修得した単位を連携外国専門職大学院において修得した単位とすることはできない。

変更後


 附則第1条第1項

追加


専門職大学院設置基準目次