有明海及び八代海等を再生するための特別措置に関する法律施行令

2021年3月31日改正分

 第1条第1項

(漁場特定事業)

有明海及び八代海等を再生するための特別措置に関する法律(以下「法」という。)第八条の特定事業として政令で定める事業は、次の各号のいずれかに掲げる事業で、当該事業に要する経費の総額が五千万円以上のものとする。

変更後


 第1条第1項第1号

(漁場特定事業)

有明海及び八代海等の海域の漁場としての効用の低下している水面において行われる堆積物の除去事業で、当該効用を回復するためのもの

変更後


 第1条第1項第2号

(漁場特定事業)

有明海及び八代海等の海域の漁場としての効用の低下している水面において行われる海底の覆土事業で、当該効用を回復するためのもの

変更後


 第1条第1項第3号

(漁場特定事業)

前二号に掲げるもののほか、漁港漁場整備法(昭和二十五年法律第百三十七号)第四条第一項に規定する漁港漁場整備事業(同項第二号に掲げるものに限る。)のうち、有明海及び八代海等の海域の環境の保全及び改善を図るために必要なものとして農林水産大臣が財務大臣と協議して指定する事業

変更後


 第1条第2項

(漁場特定事業)

追加


 第2条第1項

(国が漁場特定事業に係る経費の二分の一を超えて補助することとなる額の交付)

特定事業(法第八条に規定する特定事業をいう。以下同じ。)について同条の規定により国が通常の補助の割合を超えて当該年度の補助をすることとなる場合には、農林水産大臣は、当該特定事業に係るその超える部分の額を当該年度の翌年度に交付するものとする。 ただし、特別の理由によりやむを得ない事情があると認められる場合には、当該年度の翌々年度に交付することができるものとする。

変更後


 附則第1条第1項

この政令は、公布の日から施行する。

変更後


有明海及び八代海等を再生するための特別措置に関する法律施行令目次