確定拠出年金法施行規則

2020年9月30日改正分

 第5条第2項

(規約の軽微な変更等)

法第六条第二項ただし書の厚生労働省令で定める特に軽微な変更は、次に掲げる事項の変更とする。 ただし、第七号及び第八号に掲げる事項の変更については、簡易企業型年金を実施する場合に限る。

変更後


 第7条第1項

(規約の軽微な変更の届出)

法第六条第一項の企業型年金規約の変更の届出は、変更の内容を記載した届出書に、同条第二項において準用する法第五条第二項の同意を得たことについての次に掲げる書類を添付して、厚生労働大臣に提出することによって行うものとする。 ただし、法第六条第二項ただし書の軽微な変更のうち特に軽微なものとして第五条第二項で定めるものの変更の届出については、当該書類を添付することを要しない。

変更後


 第7条の2第1項

(届出の必要のない規約の軽微な変更)

追加


 第7条の2第1項第1号

(届出の必要のない規約の軽微な変更)

追加


 第7条の2第1項第2号

(届出の必要のない規約の軽微な変更)

追加


 第7条の2第1項第3号

(届出の必要のない規約の軽微な変更)

追加


 附則第1条第1項

追加


確定拠出年金法施行規則目次