地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律施行令

2021年5月28日改正分

 第1条第1項

(法第二条第四項第一号の政令で定める要件)

地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律(以下「法」という。)第二条第四項第一号の政令で定める要件は、診療所が附置されていることとする。

変更後


 第2条第1項

(法第二条第四項第三号ロの政令で定める事業)

法第二条第四項第三号ロの政令で定める事業は、身体上又は精神上の障害があって日常生活を営むのに支障がある老人につきその者の居宅において入浴、排せつ、食事等の介護を行う事業とする。

変更後


 第3条第1項

(基金の財源に係る国の負担)

法第六条の規定により、国が都道府県に対して負担する額は、同条に規定する都道府県事業の内容、これに要する経費の額及び同条の基金により支弁する経費の範囲その他の事情を勘案し厚生労働大臣が定めるところにより算定した当該基金の財源に充てるために必要な資金の三分の二に相当する額とする。

変更後


 第4条第1項

(大都市等の特例)

地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の十九第一項の指定都市(以下「指定都市」という。)において、法第十一条の規定により、指定都市が処理する事務については、地方自治法施行令(昭和二十二年政令第十六号)第百七十四条の三十一の二第一項に定めるところによる。

変更後


 第4条第2項

(大都市等の特例)

地方自治法第二百五十二条の二十二第一項の中核市(以下「中核市」という。)において、法第十一条の規定により、中核市が処理する事務については、地方自治法施行令第百七十四条の四十九の十第一項に定めるところによる。

変更後


 附則第1条第1項

この政令は、公布の日から施行する。

削除


追加


地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律施行令目次