労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律施行規則 第21条第1項(労働者派遣契約における定めの方法等)

法第二十六条第一項の規定による定めは、同項各号に掲げる事項の内容の組合せが一であるときは当該組合せに係る派遣労働者の数を、当該組合せが二以上であるときは当該それぞれの組合せの内容及び当該組合せごとの派遣労働者の数を定めることにより行わなければならない。

  関連法令

  関連判例


 第2項

法第二十六条第一項第一号の業務の内容に令第四条第一項各号に掲げる業務が含まれるときは、当該業務が該当する同項各号に掲げる業務の号番号を付するものとする。ただし、日雇労働者に係る労働者派遣が行われないことが明らかである場合は、この限りでない。

  関連法令

  関連判例


 第3項

労働者派遣契約の当事者は、当該労働者派遣契約の締結に際し法第二十六条第一項の規定により定めた事項を、書面に記載しておかなければならない。

  関連法令

  関連判例


 第4項

派遣元事業主から労働者派遣の役務の提供を受ける者は、当該労働者派遣契約の締結に当たり法第二十六条第三項の規定により明示された内容を、前項の書面に併せて記載しておかなければならない。

  関連法令

  関連判例


労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律施行規則目次