船舶に設置する原子炉(研究開発段階にあるものを除く。)の設置、運転等に関する規則 第23条第1項(設計想定事象に係る試験研究用等原子炉施設の保全に関する措置)

法第三十五条第一項の規定により、試験研究用等原子炉設置者等は、設計想定事象に関して、法第二十三条第一項又は第二十六条第一項の許可を受けたところ(法第四十三条の三の二第二項の認可を受けたものにあつては、当該認可を受けたところ)により、次に掲げる試験研究用等原子炉施設の保全に関する措置を講じなければならない。

  関連法令

  関連判例


 第1号

設計想定事象に係る試験研究用等原子炉施設の必要な機能を維持するための活動に関する計画(原子力船等における火災に係る次に掲げる事項を含む。)を定めるとともに、当該計画の実行に必要な要員を配置し、当該計画に従つて必要な活動を行わせること。

  関連法令

  関連判例


 イ

原子力船等における可燃物の管理に関すること。

  関連法令

  関連判例


 ロ

消防吏員又は海上保安官への通報に関すること。

  関連法令

  関連判例


 ハ

消火又は延焼の防止その他消防隊が火災の現場に到着するまでに行う活動に関すること。

  関連法令

  関連判例


 第2号

設計想定事象の発生時における試験研究用等原子炉施設の必要な機能を維持するための活動を行う要員に対する教育及び訓練を定期に実施すること。

  関連法令

  関連判例


 第3号

設計想定事象の発生時における試験研究用等原子炉施設の必要な機能を維持するための活動を行うために必要な照明器具、無線機器その他の資機材を備え付けること。

  関連法令

  関連判例


 第4号

前三号に掲げるもののほか、設計想定事象の発生時における試験研究用等原子炉施設の必要な機能を維持するための活動を行うために必要な体制を整備すること。

  関連法令

  関連判例


船舶に設置する原子炉(研究開発段階にあるものを除く。)の設置、運転等に関する規則目次