ボイラー及び圧力容器安全規則 第76条第1項(変更届)

事業者は、第一種圧力容器の胴、鏡板、底板、管板、蓋板又はステーを変更しようとするときは、法第八十八条第一項の規定により、第一種圧力容器変更届(様式第二十号)に第一種圧力容器検査証及び変更の内容を示す書面を添えて、所轄労働基準監督署長に提出しなければならない。

  関連法令

  関連判例


 第2項

第五十六条第二項の規定は、前項の規定による届出をする場合について準用する。この場合において、同条第二項第一号中「前項の第一種圧力容器設置届並びに第一種圧力容器明細書及び書面」とあるのは、「第七十六条第一項の第一種圧力容器変更届及び書面」と読み替えるものとする。

  関連法令

  関連判例


 第3項

事業者(法第八十八条第一項本文の事業者を除く。)は、第一項に規定する第一種圧力容器の部分を変更しようとするときは、同条第二項において準用する同条第一項の規定により、第一種圧力容器変更届(様式第二十号)に第一種圧力容器検査証及び第一項の書面を添えて、所轄労働基準監督署長に提出しなければならない。

  関連法令

  関連判例


ボイラー及び圧力容器安全規則目次