ボイラー及び圧力容器安全規則 第32条第1項(定期自主検査)

事業者は、ボイラーについて、その使用を開始した後、一月以内ごとに一回、定期に、次の表の上欄に掲げる項目ごとにそれぞれ同表の下欄に掲げる事項について自主検査を行なわなければならない。ただし、一月をこえる期間使用しないボイラーの当該使用しない期間においては、この限りでない。

  関連法令

  関連判例


 第2項

事業者は、前項ただし書のボイラーについては、その使用を再び開始する際に、同項の表の上欄に掲げる項目ごとにそれぞれ同表の下欄に掲げる事項について自主検査を行なわなければならない。

  関連法令

  関連判例


 第3項

事業者は、前二項の自主検査を行なつたときは、その結果を記録し、これを三年間保存しなければならない。

  関連法令

  関連判例


ボイラー及び圧力容器安全規則目次