酒税法施行令 第12条第1項(酒類の製造免許の申請)

法第七条第一項の規定により酒類の製造免許(同項に規定する製造免許をいう。以下同じ。)を受けようとする者は、次に掲げる事項を記載した申請書を当該税務署長に提出しなければならない。

  関連法令

  関連判例


 第1号

申請者の住所及び氏名又は名称

  関連法令

  関連判例


 第2号

製造場の所在地及び名称

  関連法令

  関連判例


 第3号

製造しようとする酒類の品目及び範囲

  関連法令

  関連判例


 第4号

製造方法

  関連法令

  関連判例


 第5号

製造免許を受けた後一年間の酒類の製造見込数量

  関連法令

  関連判例


 第6号

試験のために酒類を製造しようとする者にあつては、その旨及び目的

  関連法令

  関連判例


 第7号

製造場の設備の状況

  関連法令

  関連判例


 第8号

その他財務省令で定める事項

  関連法令

  関連判例


 第2項

前項の申請書には、申請者が法第十条第一号から第八号までに規定する者及び破産者で復権を得ていない者に該当しないことを誓約する書面その他財務省令で定める書類を添付しなければならない。

  関連法令

  関連判例


酒税法施行令目次