児童扶養手当法 第1条第1項(この法律の目的)

この法律は、父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立の促進に寄与するため、当該児童について児童扶養手当を支給し、もつて児童の福祉の増進を図ることを目的とする。

  関連法令

  関連判例


児童扶養手当法目次