地方税法 第703条第1項(水利地益税)

道府県又は市町村は、水利に関する事業、都市計画法に基いて行う事業、林道に関する事業その他土地又は山林の利益となるべき事業の実施に要する費用に充てるため、当該事業に因り特に利益を受ける土地又は家屋に対し、その価格又は面積を課税標準として、水利地益税を課することができる。

  関連法令

  関連判例


 第2項

水利地益税の課税額(数年にわたつて課する場合においては、各年の課税額の総額)は、当該土地又は家屋が前項の事業に因り特に受ける利益の限度をこえることができない。

  関連法令

  関連判例


 第3項

市町村は、第七百二条第一項の規定によつて都市計画税を課する場合においては、第一項都市計画法に基いて行う事業の実施に要する費用に充てるための水利地益税を課することができない。

  関連法令

  関連判例


地方税法目次