地方税法 第16条第1項(担保の徴取)

地方団体の長は、徴収の猶予、職権による換価の猶予又は申請による換価の猶予をする場合には、その猶予に係る金額に相当する担保で次に掲げるものを徴さなければならない。
ただし、その猶予に係る金額、期間その他の事情を勘案して担保を徴する必要がない場合として当該地方団体の条例で定める場合は、この限りでない。

  関連法令

  関連判例


 第1号

国債及び地方債

  関連法令

  関連判例


 第2号

地方団体の長が確実と認める社債(特別の法律により設立された法人が発行する債券を含む。)その他の有価証券

  関連法令

  関連判例


 第3号

土地

  関連法令

  関連判例


 第4号

保険に付した建物、立木、船舶、航空機、自動車及び建設機械

  関連法令

  関連判例


 第5号

鉄道財団、工場財団、鉱業財団、軌道財団、運河財団、漁業財団、港湾運送事業財団、道路交通事業財団及び観光施設財団

  関連法令

  関連判例


 第6号

地方団体の長が確実と認める保証人の保証

  関連法令

  関連判例


 第2項

前項の規定により担保を徴する場合において、その猶予に係る地方団体の徴収金につき差し押さえた財産があるときは、その担保の額は、その猶予をする金額からその財産の価額を控除した額を限度とする。

  関連法令

  関連判例


 第3項

地方団体の長は、第一項の規定により担保を徴した場合において、担保財産の価額若しくは保証人の資力の減少その他の理由により猶予に係る金額の納付若しくは納入を担保することができないと認めるとき、又は第十五条の二の三第二項第十五条の五の三第一項若しくは第十五条の六の三第一項の規定により差押えを解除したときは、納税者又は特別徴収義務者に対し、増担保の提供、保証人の変更その他担保を確保するため必要な行為を求めることができる。

  関連法令

  関連判例


 第4項

前三項第16条第3項、第16条第2項、第16条第1項に定めるもののほか、担保の提供について必要な事項は、政令で定める。

  関連法令

  関連判例


地方税法目次