地方税法 第14条の14第1項(法定納期限等以前にある不動産賃貸の先取特権等の優先)

次に掲げる先取特権が納税者又は特別徴収義務者の財産上に地方団体の徴収金の法定納期限等以前からあるとき、又は納税者若しくは特別徴収義務者がその先取特権のある財産を譲り受けたときは、その地方団体の徴収金は、その換価代金につき、その先取特権により担保される債権に次いで徴収する。

  関連法令

  関連判例


 第1号

不動産賃貸の先取特権その他質権と同一の順位又はこれらに優先する順位の動産に関する特別の先取特権(前条第一項第三号から第五号までに掲げる先取特権を除く。)

  関連法令

  関連判例


 第2号

不動産売買の先取特権

  関連法令

  関連判例


 第3号

借地借家法(平成三年法律第九十号)第十二条又は接収不動産に関する借地借家臨時処理法(昭和三十一年法律第百三十八号)第七条に規定する先取特権

  関連法令

  関連判例


 第4号

登記をした一般の先取特権

  関連法令

  関連判例


 第2項

前条第二項の規定は、前項第一号に掲げる先取特権について準用する。

  関連法令

  関連判例


地方税法目次