地方税法 第14条の13第1項(不動産保存の先取特権等の優先)

次に掲げる先取特権が納税者又は特別徴収義務者の財産上にあるときは、地方団体の徴収金は、その換価代金につき、その先取特権により担保される債権に次いで徴収する。

  関連法令

  関連判例


 第1号

不動産保存の先取特権

  関連法令

  関連判例


 第2号

不動産工事の先取特権

  関連法令

  関連判例


 第3号

立木の先取特権に関する法律(明治四十三年法律第五十六号)第一項の先取特権

  関連法令

  関連判例


 第4号

商法(明治三十二年法律第四十八号)第八百二条若しくは第八百四十二条の先取特権、船舶の所有者等の責任の制限に関する法律(昭和五十年法律第九十四号)第九十五条第一項の先取特権又は船舶油濁損害賠償保障法(昭和五十年法律第九十五号)第四十条第一項の先取特権

  関連法令

  関連判例


 第5号

地方団体の徴収金に優先する債権のため又は地方団体の徴収金のために動産を保存した者の先取特権

  関連法令

  関連判例


 第2項

前項第三号から第五号までの規定(同項第三号に掲げる先取特権で登記をしたものに係る部分を除く。)は、その先取特権者が、強制換価手続において、その執行機関に対し、その先取特権がある事実を証明した場合に限り適用する。

  関連法令

  関連判例


地方税法目次