商法 第534条第1項(交互計算の解除)

各当事者は、いつでも交互計算の解除をすることができる。
この場合において、交互計算の解除をしたときは、直ちに、計算を閉鎖して、残額の支払を請求することができる。

  関連法令

  関連判例


商法目次