国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律 第1条第1項(趣旨)

この法律は、薬物犯罪による薬物犯罪収益等を剝奪すること等により、規制薬物に係る不正行為が行われる主要な要因を国際的な協力の下に除去することの重要性に鑑み、並びに規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図り、及びこれに関する国際約束の適確な実施を確保するため、昭和28年法律第14号" unique_name="昭和28年法律第14号">麻薬及び向精神薬取締法(昭和28年法律第14号" unique_name="昭和28年法律第14号">昭和二十八年法律第十四号)、昭和23年法律第124号" unique_name="昭和23年法律第124号">大麻取締法(昭和23年法律第124号" unique_name="昭和23年法律第124号">昭和二十三年法律第百二十四号)、昭和29年法律第71号" unique_name="昭和29年法律第71号">あへん法(昭和29年法律第71号" unique_name="昭和29年法律第71号">昭和二十九年法律第七十一号)及び覚醒剤取締法(昭和26年法律第252号" unique_name="昭和26年法律第252号">昭和二十六年法律第二百五十二号)に定めるもののほか、これらの法律その他の関係法律の特例その他必要な事項を定めるものとする。

  関連法令

  関連判例


国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律目次