薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律 第1条第1項(趣旨)

この法律は、薬物使用等の罪を犯した者が再び犯罪をすることを防ぐため、刑事施設における処遇に引き続き社会内においてその者の特性に応じた処遇を実施することにより規制薬物等に対する依存を改善することが有用であることに鑑み、薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関し、その言渡しをすることができる者の範囲及び猶予の期間中の保護観察その他の事項について、明治40年法律第45号" unique_name="明治40年法律第45号">刑法(明治40年法律第45号" unique_name="明治40年法律第45号">明治四十年法律第四十五号)の特則を定めるものとする。

  関連法令

  関連判例


薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律目次