核燃料取扱主任者試験の実施細目等に関する規則 第1条第1項(試験の方法等)

核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(以下「法」という。)第二十二条の三第一項第一号の核燃料取扱主任者試験(以下「試験」という。)は、筆記試験とする。

  関連法令

  関連判例


 第2項

試験は、核燃料取扱主任者の職務を行うに必要な専門的知識及び経験を有するかどうかを判定することを目的とする。

  関連法令

  関連判例


 第3項

試験は、次の各号に掲げる事項について行う。

  関連法令

  関連判例


 第1号

核燃料物質の化学的性質及び物理的性質

  関連法令

  関連判例


 第2号

核燃料物質の取扱いに関する技術

  関連法令

  関連判例


 第3号

放射線の測定及び放射線障害の防止に関する技術

  関連法令

  関連判例


 第4号

核燃料物質に関する法令

  関連法令

  関連判例


 第4項

次の表の上欄に掲げる者に対しては、その申請により、同表の下欄に掲げる事項について試験を免除する。免除を受けることができる者事項一第一種放射線取扱主任者試験合格者前項第三号に掲げるもの二学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)による大学院の専門職学位課程その他の課程であって、原子力規制委員会が第二項の専門的知識及び経験を修得させるために適当と認めるもの(以下「認定課程」という。)を修了した者(前項第一号から第三号までに掲げる事項に関する科目の単位を修得した者に限る。ただし、その者が、当該認定課程を修了した日から起算して五年を経過したときは、この限りでない。)前項第一号から第三号までに掲げるもの

  関連法令

  関連判例


核燃料取扱主任者試験の実施細目等に関する規則目次