電気事業法及びガス事業法の一部を改正する等の法律 抄 附則第22条第1項(指定会社の事業)

指定会社は、次の事業を営むものとする。

  関連法令

  関連判例


 第1号

電源会社の株式の取得、管理及び売却

  関連法令

  関連判例


 第2号

前号の事業に附帯する事業

  関連法令

  関連判例


 第2項

指定会社は、次に掲げる場合に限り、電源会社の株式を取得することができる。

  関連法令

  関連判例


 第1号

前条第一項の規定により電源会社の株式を取得する場合

  関連法令

  関連判例


 第2号

第三条の規定の施行後電源会社が最初に発行する新株を取得する場合

  関連法令

  関連判例


 第3項

指定会社は、前項の規定にかかわらず、同項の規定により取得した株式の全部を売却した場合において、その売却による収入金額のうち財務省令・経済産業省令で定める方法により算定された金額の範囲内で、一回に限り電源会社が発行する新株を取得することができる。

  関連法令

  関連判例


 第4項

指定会社は、第二項の規定により取得した株式の全部を売却した場合において、前項の規定による新株の取得をしないこととしたときは、遅滞なく、その旨を財務大臣及び経済産業大臣に届け出なければならない。

  関連法令

  関連判例


 第5項

指定会社は、政令で定める日までに、第二項の規定により取得した株式の全部を売却しなければならない。第三項の規定により株式を取得した場合における当該株式についても同様とする。

  関連法令

  関連判例


 第6項

第一項の規定により指定会社が営む事業は、前項の政令で定める日(その日前に第四項の規定による届出があったときは、その届出の日)に完了したものとする。

  関連法令

  関連判例


電気事業法及びガス事業法の一部を改正する等の法律 抄目次