研究開発段階発電用原子炉の設置、運転等に関する規則 第12号

この規則の施行の際現に設置されている発電用原子炉施設(昭和32年政令第324号" unique_name="昭和32年政令第324号">核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律施行令(昭和32年政令第324号" unique_name="昭和32年政令第324号">昭和三十二年政令第三百二十四号。第八条第四項において「令」という。)第一条に規定する研究開発段階発電用原子炉(以下単に「研究開発段階発電用原子炉」という。)に係るものに限る。)であって、旧法第四十三条の三の三十四第二項の廃止措置計画の認可を受けているものについて、この規則の施行後最初に行うべき新法第四十三条の三の十六第一項の検査は、直近の施設定期検査(旧法第四十三条の三の十五の施設定期検査をいう。)が終了した日以降十三月を超えない時期に行うものとする。

  関連法令

  関連判例


研究開発段階発電用原子炉の設置、運転等に関する規則目次