研究開発段階発電用原子炉の設置、運転等に関する規則 第131条第1項(報告の徴収)

発電用原子炉設置者は、工場又は事業所ごとに様式第二による報告書を、気体状及び液体状の放射性廃棄物に含まれる放射性物質の種類別の年間放出量、固体状の放射性廃棄物の保管量等、使用済燃料の貯蔵量等、放射線業務従事者の一年間の線量分布並びに一般公衆の実効線量の評価に係るものにあっては毎年四月一日からその翌年の三月三十一日までの期間について、その他のものにあっては毎年四月一日から九月三十日までの期間及び十月一日からその翌年の三月三十一日までの期間について作成し、それぞれ当該期間の経過後四十五日以内に原子力規制委員会に提出しなければならない。

  関連法令

  関連判例


 第2項

前項の報告書の提出部数は、正本一通とする。

  関連法令

  関連判例


研究開発段階発電用原子炉の設置、運転等に関する規則目次