研究開発段階発電用原子炉の設置、運転等に関する規則 第104条第1項(型式指定に係る変更の届出等)

指定製造者等は、第百二条第一項第一号、第二号又は第四号に掲げる事項を変更したときは、遅滞なく、その旨を原子力規制委員会に届け出なければならない。

  関連法令

  関連判例


 第2項

型式指定を受けた者は、当該型式の型式設計特定機器の製造者等でなくなったときは、その日から三十日以内に、その旨を原子力規制委員会に届け出なければならない。

  関連法令

  関連判例


 第3項

原子力規制委員会は、前項の届出があったときは、その指定を取り消すことができる。この場合において、取消しの日までに製作等が行われた型式設計特定機器については、取消しの効力は及ばないものとする。

  関連法令

  関連判例


 第4項

第一項及び第二項の届出書の提出部数は、正本一通とする。

  関連法令

  関連判例


研究開発段階発電用原子炉の設置、運転等に関する規則目次