原子力施設の保安のための業務に係る品質管理に必要な体制の基準に関する規則 第33条第1項(設計開発の変更の管理)

原子力事業者等は、設計開発の変更を行った場合においては、当該変更の内容を識別することができるようにするとともに、当該変更に係る記録を作成し、これを管理しなければならない。

  関連法令

  関連判例


 第2項

原子力事業者等は、設計開発の変更を行うに当たり、あらかじめ、審査、検証及び妥当性確認を行い、変更を承認しなければならない。

  関連法令

  関連判例


 第3項

原子力事業者等は、前項の審査において、設計開発の変更が原子力施設に及ぼす影響の評価(当該原子力施設を構成する材料又は部品に及ぼす影響の評価を含む。)を行わなければならない。

  関連法令

  関連判例


 第4項

原子力事業者等は、第二項の審査、検証及び妥当性確認の結果の記録及びその結果に基づき講じた措置に係る記録を作成し、これを管理しなければならない。

  関連法令

  関連判例


原子力施設の保安のための業務に係る品質管理に必要な体制の基準に関する規則目次