昭和31年7月17日の東京高等裁判所における判例

絞込み条件

  •  職業安定法違反被告事件(東京高判昭和31年07月17日)
    裁判所名:
    事件番号:昭和31(う)210
    公衆衛生または公衆道徳上有害な業務につかせる目的で、労働者の募集を行つた者について職業安定法第六三条第二号所定の罪の成立するがためには、同様の目的で同法第五条第六項所定の行為を実行すれば足り、被用者となろうとする者にその旨の認識あることないしは被告人において被用者となろうとする者に売淫を為すべきことの認識を与えることを要しない。

裁判所

裁判年

裁判月

裁判日

カテゴリ