道路法

2016年10月1日更新分

 第44条の2第2項

(違法放置等物件に対する措置)

道路管理者は、前項の規定により違法放置物件を除去し、又は除去させたときは、当該違法放置物件を保管しなければならない。

変更後


 第44条の2第3項

(違法放置等物件に対する措置)

道路管理者は、前項の規定により違法放置物件を保管したときは、当該違法放置物件の占有者等に対し当該違法放置物件を返還するため、政令で定めるところにより、政令で定める事項を公示しなければならない。

変更後


 第44条の2第4項

(違法放置等物件に対する措置)

道路管理者は、第二項の規定により保管した違法放置物件が滅失し、若しくは破損するおそれがあるとき、又は前項の規定による公示の日から起算して三月を経過してもなお当該違法放置物件を返還することができない場合において、政令で定めるところにより評価した当該違法放置物件の価額に比し、その保管に不相当な費用若しくは手数を要するときは、政令で定めるところにより、当該違法放置物件を売却し、その売却した代金を保管することができる。

変更後


 第44条の2第5項

(違法放置等物件に対する措置)

道路管理者は、前項の規定による違法放置物件の売却につき買受人がない場合において、同項に規定する価額が著しく低いときは、当該違法放置物件を廃棄することができる。

変更後


 第44条の2第7項

(違法放置等物件に対する措置)

第一項から第四項までに規定する違法放置物件の除去、保管、売却、公示等に要した費用は、当該違法放置物件の返還を受けるべき違法放置物件の占有者等の負担とする。

変更後


 第44条の2第8項

(違法放置等物件に対する措置)

第三項の規定による公示の日から起算して六月を経過してもなお第二項の規定により保管した違法放置物件(第四項の規定により売却した代金を含む。以下この項において同じ。)を返還することができないときは、当該違法放置物件の所有権は、当該違法放置物件を保管する道路管理者に帰属する。

変更後


 第47条の7第2項

(道路の立体的区域の決定等)

追加


 第47条の7第3項

(道路の立体的区域の決定等)

追加


 第90条第2項

(道路の敷地等の帰属)

普通財産である国有財産は、都道府県道又は市町村道の用に供する場合においては、国有財産法 (昭和二十三年法律第七十三号)第二十二条 又は第二十八条 の規定にかかわらず、当該道路の道路管理者である地方公共団体に無償で貸し付け、又は譲与することができる。

変更後


 第94条第4項

(不用物件の返還又は譲与)

民法 (明治二十九年法律第八十九号)第四百九十五条第二項 並びに非訟事件手続法 (平成二十三年法律第五十一号)第九十四条 及び第九十八条 の規定は、前項の規定による供託について準用する。

変更後


道路法目次