裁判官の育児休業に関する法律

2017年1月1日更新分

 第2条第1項

(育児休業の承認)

裁判官は、最高裁判所の承認を受けて、育児休業(裁判官が、この法律の定めるところにより、その三歳に満たない子を養育するため、その子が三歳に達するまでの期間内において、職務に従事しないことをいう。以下同じ。)をすることができる。ただし、育児休業の承認の請求に係る子について既に育児休業(当該子の出生の日から裁判官が産後の休業をすることができる期間を考慮して最高裁判所規則で定める期間内に、裁判官(当該期間内に当該子の出産により産後の休業をした裁判官を除く。)が当該子についてした最初の育児休業を除く。)をしたことがある場合(最高裁判所規則で定める特別の事情がある場合を除く。)は、この限りでない。

変更後


 第8条第1項

(最高裁判所規則)

この法律の実施に関し必要な事項は、最高裁判所規則で定める。

変更後


 附則平成21年11月30日法律第95号第1条第1項

附 則 (平成二一年一一月三〇日法律第九五号) この法律は、平成二十二年六月三十日までの間において政令で定める日から施行する。

変更後


 附則平成13年12月7日法律第144号第1条第1項

附 則 (平成一三年一二月七日法律第一四四号) この法律は、平成十四年四月一日から施行する。ただし、次条の規定は、公布の日から施行する。

変更後


 附則第1条第1項

附 則 この法律は、平成四年四月一日から施行する。

変更後


 附則平成11年11月25日法律第144号第1条第1項

附 則 (平成一一年一一月二五日法律第一四四号) この法律は、公布の日から施行する。ただし、第二条の規定は、平成十二年一月一日から施行する。

変更後


 附則平成17年11月7日法律第115号第1条第1項

抄 この法律は、平成十八年四月一日から施行する。

変更後


 附則平成21年5月29日法律第41号第1条第1項

抄 この法律は、公布の日から施行する。

変更後


 附則平成28年6月3日法律第63号第1条第1項

追加


 附則平成28年12月2日法律第96号第1条第1項

追加


 附則平成11年11月25日法律第144号第1条第3項

改正後の報酬法の規定を適用する場合においては、この法律による改正前の裁判官の報酬等に関する法律の規定に基づいて支給された報酬その他の給与は、改正後の報酬法の規定による報酬その他の給与の内払とみなす。

変更後


 附則平成13年12月7日法律第144号第2条第3項

(経過措置)

施行日前に旧育児休業法第三条第三項において準用する旧育児休業法第二条第三項の規定により承認を受けた育児休業の期間の延長は、この法律の施行の際現に裁判官が当該育児休業をしている場合に限り、新育児休業法第三条第二項に規定する育児休業の期間の延長に該当しないものとみなす。

変更後


裁判官の育児休業に関する法律目次