エラー発生

2014/5/1現在のデータへの更新を始めました。更新状況は法律のデータ更新状況をご覧下さい。New!

法律道路交通法第26条第1項  最終更新日:2011/06/24

スポンサードリンク

条文

車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。   (罰則 第119条第1項第1号の4第120条第1項第2号


この条文を参照している法律
法律 道路交通法第71条第1項第5号の4
)を運転しているときは、危険防止のためやむを得ない場合を除き、進行している当該表示自動車の側方に幅寄せをし、又は当該自動車が進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる表示自動車が当該自動車との間に第26条に規定する必要な距離を保つことができないこととなるときは進路を変更しないこと...
法律 道交法施行規則第28条の2第1項(再試験)
)」と、「その合格基準」とあるのは「学科再試験において免許自動車等を安全に運転するために必要な能力を現に有すると認める基準」と、第26条中「適性試験及び学科試験」とあるのは「学科再試験」と、「技能試験」とあるのは「技能再試験」と、「適性試験又は学科試験のいずれかに合格しなかつた者」とあるのは「学科再試験において免許自動車等を安全に運転するために必要な能力を現に有すると認められなかつた者」と、「他の免許試験」とあるのは「技能再試験」と読み替えるものとする...
法律 道路交通法第119条第1項第1号の4
第26条(車間距離の保持)の規定の違反となるような行為(高速自動車国道等におけるものに限る...
法律 道路交通法第120条第1項第2号
第25条(道路外に出る場合の方法)第3項、第26条(車間距離の保持)、第26条の2(進路の変更の禁止)第2項、第27条(他の車両に追いつかれた車両の義務)、第31条の2(乗合自動車の発進の保護)、第32条(割込み等の禁止)、第34条(左折又は右折)第6項(第35条(指定通行区分)第2項において準用する場合を含む...
法律 道路交通法附則平成21年4月24日法律第21号第1条第1項第2号
第26条の付記の改正規定、第108条の29第2項の改正規定、第119条第1項第1号の3の次に一号を加える改正規定及び第120条第1項第2号の改正規定 公布の日から起算して六月を超えない範囲内において政令で定める日...
[サインインすると全て見ることが出来ます]
この条文を引用している判例
判例一 追従車の運転者において先行車が急停止することはないと信頼して運転することの可否二 車間距離の不保持と追突の原因たる過失 - 最高裁判所第二小法廷昭和56(あ)1481:
 また、追従車の運転者が、道路交通法26条の要求する車間距離(最高裁判所昭和四二年(あ)第1494号同四三年三月一六日第二小法廷決定・刑集二二巻三号八一頁参照)を保持しないで走行したとしても、そのことがその際生じた追突と必ずしも常に因果関係ある過失となるものではないが、時速約五〇キロメートルで走--1/2--行していた普通乗用車同士の車間距離が約一二メートルにすぎない本件事実関係の下においては、追突の原因となつた過失が右車間距離での走行にあるとした原判決の判断は相当である...
判例道路交通法違反被告事件 - 東京高裁第二刑事部昭和40(う)570:
主文本件控訴を棄却する。理由(控訴趣意)本件控訴趣意は、検察官提出の控訴趣意書(釈明書を含む。)記載の通りであり、これに対する答弁は、弁護人坂本修、同上田誠吉、同真部勉連名の答弁書記載の通りであるから...
判例専売公社山形工場戒告 - 山形地裁昭和45(ワ)115:
2、争議行為に対する懲戒の可否 公社法は、職員の労働関係に関しては公労法の定めるところによる旨を規定し(公社法26条)、公労法18条が同法17条違反者は解雇される旨を規定していることから、公労法17条違反の争議行為を行つた者に対しては同法18条の解雇だけが許され、公社法の懲戒制度の適用はないとの解釈があるところ、解雇を認めた公労法18条は違法な争議行為を行つた者に対し、経営秩序をみだし、あるいは業務命令に違反するなどの従業員としての不適格性を理由にこれを経営から排除しうることを規定したものであつて、契約法上もしくは組織法上労働者にとつて最も不利益な解雇を認めた同法18条が、その程度にまでいたらない不利益を職員に与えることを禁止するものとは考えられないから、公労法17条に違反した職員に対し公社法に定める懲戒をなしうることは明らかである...
判例道路交通法第二六条第一項にいわゆる車間距離の意義 - 最高裁判所第二小法廷昭和42(あ)1494:
         理    由 弁護人松岡良俊の上告趣意は、判例違反を主張するが、引用の各判例は本件と事案を異にして適切でないから、所論はその前提を欠き、その余の論旨は、単なる法令違反、事実誤認の主張であつて、適法な上告理由にあたらない(道路交通法二六条一項の26条1項「先行車が急に停止したとき」とは、先行車が制動機の制動力によつて停止した場合のみならず、制動機以外の作用によつて異常な停止をした場合も含むとした原判決の判断は相当である)...
判例父母の両者または子のいずれか一方の死亡後における親子関係存否確認の訴の許否 - 最高裁判所大法廷昭和43(オ)179:
主文原判決を破棄し、第一審判決を取り消す。本件を山口地方裁判所に差し戻す。理由上告代理人古谷判治の上告理由について。およそ、父母と子との間の親子関係存否確認の訴は、右三者がいずれも生存している場合はも...
[サインインすると全て見ることが出来ます]
関連する省庁の情報(とある公務の新着情報より)
省庁の情報はありません
関連する条例(とある地方の条例検索より)
道路交通法のランキング
法律道路交通法第70条第1項
法律道路交通法第80条第1項
法律道路交通法第65条第1項
法律道路交通法第72条第1項
法律道路交通法第43条第1項