労働安全衛生規則

 第173条第1項

(倒壊防止)

事業者は、動力を用いるくい打機(以下「くい打機」という。)、動力を用いるくい抜機(以下「くい抜機」という。)又はボーリングマシンについては、倒壊を防止するため、次の措置を講じなければならない。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第1号

軟弱な地盤に据え付けるときは、脚部又は架台の沈下を防止するため、敷板、敷角等を使用すること。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第2号

施設、仮設物等に据え付けるときは、その耐力を確認し、耐力が不足しているときは、これを補強すること。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第3号

脚部又は架台が滑動するおそれのあるときは、くい、くさび等を用いてこれを固定させること。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第4号

軌道又はころで移動するくい打機、くい抜機又はボーリングマシンにあつては、不意に移動することを防止するため、レールクランプ、歯止め等でこれを固定させること。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第5号

控え(控線を含む。以下この節において同じ。)のみで頂部を安定させるときは、控えは、三以上とし、その末端は、堅固な控えぐい、鉄骨等に固定させること。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第6号

控線のみで頂部を安定させるときは、控線を等間隔に配置し、控線の数を増す等の方法により、いずれの方向に対しても安定させること。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第7号

バランスウエイトを用いて安定させるときは、バランスウエイトの移動を防止するため、これを架台に確実に取り付けること。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


労働安全衛生規則目次