海上運送法

 第35条第1項

(日本船舶・船員確保計画)

船舶運航事業者等は、国土交通省令で定めるところにより、単独で又は共同で、日本船舶及び船員の確保についての計画(以下「日本船舶・船員確保計画」という。)を作成して、国土交通大臣の認定を申請することができる。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第2項

日本船舶・船員確保計画には、次に掲げる事項を記載しなければならない。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第1号

日本船舶及び船員の確保の目標

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第2号

日本船舶及び船員の確保の内容

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第3号

計画期間

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第4号

日本船舶及び船員の確保の実施に必要な資金の額及びその調達方法

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第5号

前各号に掲げるもののほか、国土交通省令で定める事項

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第3項

国土交通大臣は、第一項の規定による認定の申請があつた場合において、その日本船舶・船員確保計画が次の各号のいずれにも適合するものであると認めるときは、その認定をするものとする。この場合において、第四号船員職業安定法(昭和二十三年法律第百三十号)第五十五条第一項に規定する船員派遣事業の許可に係る部分に限る。)に係る日本船舶・船員確保計画の認定については、交通政策審議会の意見を聴くものとする。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第1号

基本方針に適合するものであること。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第2号

確実かつ効果的に実施されると見込まれるものであること。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第3号

計画期間が国土交通省令で定める期間であること。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第4号

船員職業安定法第五十五条第一項に規定する船員派遣事業の許可又は同法第六十条第二項の規定による許可の有効期間の更新を要するものにあつては、当該事業を実施する者が同法第五十六条各号(同法第六十条第二項の規定による許可の有効期間の更新を要するものにあつては、同法第五十六条第四号を除く。)のいずれにも該当せず、かつ、当該事業の内容が同法第五十七条第一項各号に掲げる基準に適合すること。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第5号

第三十八条に規定する課税の特例の適用を受けようとするものにあつては、当該特例の適用を受けようとする者が対外船舶運航事業(本邦の港と本邦以外の地域の港との間又は本邦以外の地域の各港間において行う船舶運航事業をいう。以下同じ。)を営む者であり、かつ、前項第一号に掲げる日本船舶及び船員の確保の目標として同項第三号に掲げる計画期間における同条に規定する日本船舶の隻数の増加の割合が記載されたものであつて、当該割合が国土交通省令で定める割合以上のものであること。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第4項

前項の認定を受けた船舶運航事業者等(以下「認定事業者」という。)は、当該認定に係る日本船舶・船員確保計画を変更しようとするときは、国土交通省令で定めるところにより、国土交通大臣の認定を受けなければならない。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第5項

第三項の規定は、前項の認定について準用する。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


 第6項

船員職業安定法第百五条第二号及び第四号を除く。)の規定は、第三項の認定(第四項の規定による変更の認定を含む。以下同じ。)を受けようとする者のうち、当該認定を受けることによつて次条の規定により同法第五十五条第一項の許可又は同法第六十条第二項の規定による許可の有効期間の更新を受けたものとみなされることとなる者について準用する。

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


海上運送法目次