エラー発生

2014/5/1現在のデータへの更新を始めました。更新状況は法律のデータ更新状況をご覧下さい。New!

重要法律弁護士法第23条の2第1項((報告の請求))  最終更新日:2011/06/24

スポンサードリンク

条文

 弁護士は、受任している事件について、所属弁護士会に対し、公務所又は公私の団体に照会して必要な事項の報告を求めることを申し出ることができる。申出があつた場合において、当該弁護士会は、その申出が適当でないと認めるときは、これを拒絶することができる。


この条文を参照している法律
法律 奄美群島の復帰に伴う法務省関係法令の適用の経過措置等に関する政令第12条第2項
前項に規定する者には、弁護士法第1条a>、第2条、第20条第3項及び第23条から第29条(第23条の2第1項)(第24条第1項)(第25条第1項)(第26条第1項)(第27条第1項)(第28条第1項)までの規定を準用する...
この条文を引用している判例
判例特許権-民事訴訟 - 大阪地裁平成4(ワ)7157:
(一) 原告は、平成五年三月六日付調査嘱託の申出書により、原告は、被告医薬品の薬事法に基づく医薬品製造承認書中の「規格及び試験方法」の欄に原告主張のイ号方法が記載されていることを確認するために、平成四年六月一〇日弁護士法23条の2に基づき東京弁護士会を通じて厚生省薬務局審査課長に照会したが、それに対する回答は、「医薬品製造(輸入承認申請は、申請者が薬事法に基づく承認を受けるためのものであり、薬事法により義務付けられている表示事項以外の内容については回答することはできない...
判例不動産登記申請却下処分取消請求事件 - 東京地裁平成22(行ウ)233:
)並びに弁護士法23条の2所定のいわゆる弁護士会照会制度による関東財務局水戸財務事務所に対する照会書とこれに対する同事務所長の平成21年9月10日付け回答書等(甲7の1...
判例損害賠償代位等請求控訴事件(原審・神戸地方裁判所平成12年(行ウ)第52号,差戻し前の控訴審・大阪高等裁判所平成18年(行コ)第134号,同裁判所平成19年(行コ)第47号,上告審・最高裁判所平成20年(行ヒ)第97号) - 大阪高裁平成21(行コ)66:
しかしながら、本件記録を精査しても、本件工事に関して受注予定者とされている控訴人P3の営業担当者等がアウトサイダーである控訴人P2との間で何らかの受注調整を図ったことを具体的に認定するに足りる証拠が一切存在せず、逆に、控訴人P2は弁護士法23条の2に基づく照会に対し、控訴人5社から受注予定者決定の協力要請を受けた事実、協力に応じた事実及び協力の見返りとして控訴人5社の協力を得てゴミ焼却炉建設工事を受注した事実がない旨を明確に回答していることに加え、控訴人P2において本件工事の営業を担当していたP18もこれを否定し、控訴人P3の営業担当者であるP19もこれを否定するなど、むしろ控訴人5社とアウトサイダーである控訴人P2との間で受注調整が図られていたことを積極的に否定する証拠が多数存在する...
判例損害賠償等請求事件 - 名古屋地裁民事第8部平成19(ワ)4520:
かえって、これを否定する証拠として、本件アウトサイダー2社が弁護士法23条の2第1項に基づく照会に対し23条の2第1項て本件5社からの協力要請等を否定した回答書(乙7の1・2、乙8の1・2)がある...
判例損害賠償請求事件 - 名古屋地裁民事第8部平成19(ワ)5431:
)及びB6が弁護士法23条の2第1項に基づく照会に対し23条の2第1項て本件5社からの協力要請等を否定した回答書(乙8の1・2.乙9の1・2)がある...
[サインインすると全て見ることが出来ます]
関連する省庁の情報(とある公務の新着情報より)
省庁の情報はありません
関連する条例(とある地方の条例検索より)
弁護士法のランキング
法律弁護士法第23条の2第2項
法律弁護士法第23条の2第1項
法律弁護士法第25条第1項
法律弁護士法第64条の6第3項
法律弁護士法第56条第1項