中小企業等経営強化法に規定する情報関連人材育成事業を定める省令

 前文または条文



 中小企業経営革新支援法の一部を改正する法律(平成十七年法律第三十号)の施行に伴い、及び中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律(平成十一年法律第十八号)第二十九条第一項第一号の規定に基づき、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律に規定する情報関連人材育成事業を定める省令を次のように定める。



中小企業等経営強化法第四十条第一項第一号第40条第1項第1号ロ、第40条第1項第1号イ、第40条第1項第1号に規定する情報関連人材育成事業は、次の各号に掲げる知識及び技能の向上を図るための事業とする。
一  情報処理システム(情報処理(情報処理の促進に関する法律(昭和四十五年法律第九十号)第二条第一項に規定する情報処理をいう。)を目的として複数の要素が組み合わされた体系をいう。以下同じ。)の開発に必要な共通的知識(基礎的知識を除く。)及び技能(基礎的技能を除く。)二  情報処理システムの企画、設計、開発、運用及び評価に必要な専門的知識及び技能三  エンベデッドシステムの開発に必要な専門的知識及び技能四  情報処理システムの活用に必要な専門的知識及び技能五  その他前各号の内容に準ずる専門的知識及び技能

 バックリンク(法律)

 バックリンク(判例)


中小企業等経営強化法に規定する情報関連人材育成事業を定める省令目次