エラー発生

2014/5/1現在のデータへの更新を始めました。更新状況は法律のデータ更新状況をご覧下さい。New!

法律地方自治法第121条第1項  最終更新日:2012/09/05

スポンサードリンク

条文

 普通地方公共団体の長、教育委員会の委員長、選挙管理委員会の委員長、人事委員会の委員長又は公平委員会の委員長、公安委員会の委員長、労働委員会の委員農業委員会の会長及び監査委員その他法律に基づく委員会の代表者又は委員並びにその委任又は嘱託を受けた者は、議会の審議に必要な説明のため議長から出席を求められたときは、議場に出席しなければならない。ただし、出席すべき日時に議場に出席できないことについて正当な理由がある場合において、その旨を議長に届け出たときは、この限りでない。


この条文を引用している判例
判例1 地方税法348条2項ただし書の「有料」の意義 2 地方税法348条2項ただし書が、固定資産を有料で借り受けた者がこれを同項各号の固定資産として使用する場合について固定資産税を「課することができる。」と規定した趣旨 3 学校法人が借り受け、その設置する学校において直接教育の用に供している土地についてされた固定資産税及び都市計画税の各賦課決定処分が、同学校法人は、当該土地を借り受けるについて、その所有者に前記各税の額の26.52パーセントから35.25パーセントに相当する額の金員を支払っているところ、これは両者の合意に基づくもので、その額も単に謝礼というには多額であり、社会通念上無視できる程度に少額とはいえないから、同学校法人は、地方税法348条2項ただし書の「固定資産を有料で借り受けた者」に当たるとして、適法とされた事例 - 東京地裁平成2(行ウ)72:
○主文一原告の請求をいずれも棄却する。二訴訟費用は原告の負担とする。○事実第一当事者の求める裁判一請求の趣旨1被告東京都練馬都税事務所長が別紙物件目録記載の土地につき、原告に対し、昭和六三年四月一一日...
判例加重的投票偽造・公選投票詐欺報告被告事件 - 仙台高裁秋田支部昭和52(う)30:
主文本件控訴を棄却する。理由本件控訴の趣意は、弁護人安田忠提出の控訴趣意書記載のとおりであるから、これをここに引用する。控訴趣意第一点(憲法違反の主張)について一、所論の要旨は次のとおりである。(一)...
判例外形からは実質的な内容を知ることができない公金の支出につきその支出の日から1年を経過して住民監査請求がされたことについて地方自治法242条2項ただし書にいう正当な理由があるとはいえないとされた事例 - 最高裁判所第一小法廷平成16(行ヒ)61:
...
判例1 県が現職の教諭を民間の研究団体である県同和教育研究協議会に研修名目で派遣してその給与を支出してきたことは違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、知事に対し、教育委員会委員長個人に対して損害賠償請求することを求める訴えにつき、住民監査請求との間に対象事項の同一性がなく、監査請求前置の要件を欠くとして、訴えが却下された事例 2 県が現職の教諭を民間の研究団体である県同和教育研究協議会に研修名目で派遣してその給与を支出してきたことは違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、知事個人に対してされた損害賠償請求及び前記改正後の同号に基づき、知事に対してされた、知事個人に対して損害賠償請求することを求める請求が、知事個人に故意、過失はないとして棄却された事例 - 福岡高裁平成15(行コ)14:
...
判例損害賠償請求を求める住民訴訟事件 - 鹿児島地裁平成15(行ウ)9:
...
[サインインすると全て見ることが出来ます]
関連する省庁の情報(とある公務の新着情報より)
省庁の情報はありません
関連する条例(とある地方の条例検索より)
地方自治法のランキング
法律地方自治法第236条第1項
法律地方自治法第234条の3第1項
法律地方自治法第231条の3第3項
法律地方自治法第96条第1項第12号
法律地方自治法第238条の4第7項