エラー発生

2014/3/1現在のデータへの更新を始めました。更新状況は法律のデータ更新状況をご覧下さい。New!

法律国税徴収法第141条第1項  最終更新日:2012/03/31

スポンサードリンク

条文

徴収職員は、滞納処分のため滞納者の財産を調査する必要があるときは、その必要と認められる範囲内において、次に掲げる者に質問し、又はその者の財産に関する帳簿書類(その作成又は保存に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他の人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。)の作成又は保存がされている場合における当該電磁的記録を含む。第146条の2及び第188条第2号において同じ。)を検査することができる。


この条文を参照している法律
法律 租税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律第13条第4項第3号
法律 租税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律第13条第4項第4号
法律 厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付の支払の遅延に係る加算金の支給に関する法律第21条第1項第1号
法律 厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付の支払の遅延に係る加算金の支給に関する法律第21条第1項第2号
法律 船員保険法附則第159条第1項第1号
[サインインすると全て見ることが出来ます]
この条文を引用している判例
判例 税務職員が納税者の協力の下にその営業に支障を生じない短時間に限り行った調査及び右の協力を得られなくなった後に行った反面調査が、いずれも所得税法63条に基づく質問検査権の行使として違法ではないとされた事例 等 - 東京高等裁判所:昭和46(行コ)9:行政
判例損害賠償請求事件 - 京都地方裁判所:昭和42(ワ)1309:労働
判例損害賠償請求事件 - 京都地方裁判所:昭和42(ワ)1309:労働
判例 税務職員が納税者の協力の下にその営業に支障を生じない短時間に限り行った調査及び右の協力を得られなくなった後に行った反面調査が、いずれも所得税法63条に基づく質問検査権の行使として違法ではないとされた事例 等 - 東京高等裁判所:昭和46(行コ)9:行政
判例譲渡担保権者に対する告知処分取消請求控訴事件 - 東京高等裁判所:平成11(行コ)278:行政
[サインインすると全て見ることが出来ます]
関連する省庁の情報(とある公務の新着情報より)
 厚生労働省 第183回国会(常会)提出法律案 > 参照条文(24ページ)(2013/04/12)
 厚生労働省 第183回国会(常会)提出法律案 > 参照条文(18ページ)(2013/04/12)
 厚生労働省 第183回国会(常会)提出法律案 > 参照条文(71ページ)(2013/04/12)
国会での関連する発言(とある国家の人物紹介より)
国会での発言はありません

スポンサードリンク

国税徴収法のランキング
法律国税徴収法第141条第1項
法律国税徴収法第146条の2第1項
法律国税徴収法第77条第1項
法律国税徴収法第131条第1項
法律国税徴収法第144条第1項