エラー発生

2014/5/1現在のデータへの更新を始めました。更新状況は法律のデータ更新状況をご覧下さい。New!

法律刑事訴訟法第197条第2項  最終更新日:2011/06/24

スポンサードリンク

条文

捜査については、公務所又は公私の団体に照会して必要な事項の報告を求めることができる。


この条文を引用している判例
判例損害賠償請求事件 - 大阪地裁第2民事部平成15(ワ)4290:
...
判例背任被告 - 福岡地裁平成12(わ)266:
...
判例1 出入国管理及び難民認定法(平成元年法律第79号による改正前)4条1項16号、同法施行規則(昭和56年法務省令第54号、平成2年法務省令第15号による改正前)2条3号に基づく在留期間3年の在留資格で在留する在日韓国人がした、在留期間を1年とする在留期間更新許可処分の取消しを求める訴えが、前記在日韓国人は、同処分によって侵害され又は必然的に侵害されるおそれのある権利若しくは法律上保護された利益を有するものとはいえないから、同処分の取消しを求める法律上の利益を有しないとして、却下された事例 2 出入国管理及び難民認定法(平成元年法律第79号による改正前)4条1項16号、同法施行規則(昭和56年法務省令第54号、平成2年法務省令第15号による改正前)2条3号に基づく在留資格で在留する在日韓国人がした在留期間を3年とする在留期間更新許可処分を求める訴えが、同処分をすべきことについて、法務大臣が法律上覊束されているとはいえず、いわゆる義務付け訴訟の要件を欠くとして、不適法とされた事例 3 出入国管理及び難民認定法(平成元年法律第79号による改正前)4条1項16号、同法施行規則(昭和56年法務省令第54号、平成2年法務省令第15号による改正前)2条3号に基づく在留資格で在留する在日韓国人がした在留期間更新許可申請に対し、法務大臣が、同人の指紋押なつ拒否運動への関与の状況について1年後に再度審査することを相当と認めてした、在留期間を従来の3年とは異なり1年とする在留期間更新許可処分が、違法でないとされた事例 4 外国人登録法に規定する指紋押なつ制度と憲法13条、14条並びに市民的及び政治的権利に関する国際規約(昭和54年条約第7号)7条、26条 5 出入国管理及び難民認定法(平成元年法律第79号による改正前)4条1項16号、同法施行規則(昭和56年法務省令第54号、平成2年法務省令第15号による改正前)2条3号に基づく在留資格で在留する在日韓国人が、指紋押なつ拒否を理由としてした在留期間を従来の3年から1年に短縮する法務大臣の在留期間更新許可処分は違法であるとしてした国に対する損害賠償請求が、同処分に違法はないとして、棄却された事例 - 東京地裁昭和61(行ウ)99:
)を警察職員を含む公務員に貸し出すことができるとされていたこと、同年に、右貸し出し制度が廃止され、市区町村長は、警察職員を含む公務員が登録原票の閲覧複写を願い出たときは、事務に支障をきたさない限り認めて差し支えないとされたこと、その後、昭和五二年には、市区町村長は、警察職員を含む公務員から登録原票の閲覧、写しの交付を求められた場合その他登録事項の照会があったときは、事務に支障をきたさない限りこれに応ずるものとされ、さらに、昭和五五年には、市区町村長は、一般の公務員からの登録事項の照会に対しては、その必要性と当該外国人のプライバシーの保護の確保を確認した上でこれに応ずるものとされたのに対し、司法警察職員から法令の規定に基づき登録原票の閲覧、写しの交付の請求その他登録事項の照会があったときは、これに応ずるものとされていたこと、以上の登録原票の貸出し、閲覧、複写、写しの交付等について、押捺されている指紋の部分を除外する旨の指示は特になかったこと、昭和四八年のいわゆる金大中拉致事件に際して、法務省当局は、外国人登録の指紋を、外登法関係以外の一般事件の犯罪捜査の用に供したことがあること、昭和五六年四月頃から昭和五八年一一月頃までの間、東京都世田谷区においては、警察官が区役所庁舎内において登録原票を自由に閲覧することを許し、また、司法警察員から刑事訴訟法197条2項に基づく捜査関係事項照会として登録原票の写しの送付依頼があれば、押捺された指紋部分を含めてこれを電子コピーで複写して送付していたが、同月、この種の取扱いがされていることを地方自治体職員が法廷で証言した旨新聞紙上で報道されてからは、警察官が自由に登録原票を閲覧することはなくなり、また、捜査関係事項照会に対しては登録原票の指紋部分を除いたコピーを送付するようになったこと、昭和六〇年に、法務省入国管理局長は、五・一四通達で市区町村長に対し、登録原票の指紋については司法警察職員からの照会に対しても直ちに応じないで、法務省当局に伺いをたてることを指示し、かつ、法務省当局は、外登法又は入管法違反事件で指紋の照合を必要とする場合以外は照会に応じない取扱いとすることを決めたことを認めることができ、以上の事実関係によれば、従前、多くの市区町村長等においては、その保管に係る登録原票等の指紋をかなり安易に警察当局に提供し、これが一般犯罪の捜査の用に供されていた可能性があることが推認されるところではあるが、その後に、かかる取扱いは改められて、外国人登録の指紋を一般犯罪の捜査の用に供することはなくなったことを認めることができる...
判例行政処分差止請求 - 名古屋地裁民事第9部平成17(行ウ)75:
...
判例証券取引法違反,金融商品取引法違反,電磁的公正証書原本不実記録,同供用被告事件 - 大阪地裁第11刑事部平成21(わ)5971:
    この点、検察官は、本件が相場操縦の加重類型である証券取引法197条2項の罪として訴追されたものであることから、財産上の利益を得る目的で、相場操縦の結果変動した相場により取引をした行為を処罰する同条項の趣旨を強調して、変動させた相場により売却した株式の代金の全額を没収・追徴の対象とするべきである旨主張している...
[サインインすると全て見ることが出来ます]
関連する省庁の情報(とある公務の新着情報より)
 厚生労働省 医療情報データベース基盤整備事業推進検討会 資料 > 参考資料5(PDF:504KB)(12ページ)(2013/04/09)
根拠となる法令の規定としては、刑事訴訟法第197条第2項に基づく照会、地方税法第72条の63(個人の事業税に係る質問検査権、各種税法に類似の規定あり)等がある...
関連する条例(とある地方の条例検索より)
刑事訴訟法のランキング
法律刑事訴訟法第197条第2項
法律刑事訴訟法第507条第1項
法律刑事訴訟法第239条第2項
法律刑事訴訟法第197条第5項
法律刑事訴訟法第218条第2項